スポンサーリンク

「夏の風物詩」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「夏の風物詩」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「夏の風物詩」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「夏の風物詩」とは?意味

夏という季節をよく表しているものという意味です。

日本には、春・夏・秋・冬の4つの季節があり、それぞれの季節に特徴があります。

春には春の、夏には夏の特徴があり、その特徴はその季節にだけしか見られません。

その季節にだけしか見られないものは、その言葉を聞いたり、そのものを見たりすると、その季節のことを思い出させてくれます。

そういったものの中でも夏をよく表しているものを「夏の風物詩」といいます。

特定の一つのものを指しているのではなく、さまざまなものがあります。

「夏の風物詩」の概要

日本には四季があり、夏には夏にしか見られないものや、夏を感じさせるものがあります。

そういったもののことを、この言葉は意味しています。

日常生活と関連するものが多く、食べもの、植物、天候、行事などがあります。

夏だと感じさせる食べものには、スイカ、かき氷、そうめん、冷やし中華などがあります。

スイカは夏が旬の果物で、夏になるとスーパーに並ぶようになります。

スイカ割りを楽しむ人もいることでしょう。

かき氷は一年中食べることができますが、やはり夏に食べるものが一番おいしいです。

海の家などでは、夏には「かき氷」の看板が出ています。

そうめんはお中元の定番の品です。

食欲がわかず、夏にはそうめんばかり食べている人もいると思います。

夏頃になると「冷やし中華はじめました」の看板が店にでてきます。

主に夏に食べられている料理です。

夏だと感じさせる植物には、ヒマワリ、アサガオ、ゴーヤなどがあります。

小学生のときに、学校でヒマワリやアサガオを育てた経験を持つ人もいることでしょう。

アサガオの観察が夏休みの宿題として出されることもあります。

ゴーヤは緑のカーテンに使用されます。

夏になると炎天が続きます。

近年は35℃を超える日が増えてきており、熱中症に注意が必要です。

行事では、夏祭り、花火大会、夏の甲子園などがあります。

祭りや花火大会では屋台が出て、いろいろなものを食べたり、金魚すくいなどをしたりして楽しむことができます。

夏の甲子園は野球に力を注いでいる高校生にとって大切な行事です。

このように、夏を感じさせる特有のものがさまざまあります。

「夏の風物詩」の言葉の使い方や使われ方

その季節を感じさせるものの中で、特に夏のものを指して使用する言葉です。

それ以外の季節を指す場合は「夏」の部分を「春」「秋」などに変えて使用をします。

「夏の風物詩」の類語や言いかえ

「夏の行事」「夏の食べもの」などが似た意味を持つ言葉です。

夏を感じさせる行事、夏を感じさせる食べものなどを意味しています。

まとめ

日本には四季があり、それぞれの季節で違った顔を見せてくれます。

夏には夏にしか見られないものがあり、夏がきたと感じさせてくれます。

そういったものを指す言葉です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典