スポンサーリンク

「夏支度」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「夏支度」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「夏支度」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「夏支度」とは?意味

夏の支度をすることです。

夏は、日本の場合だと4つある季節のうちの最も暑い季節で、6月から8月くらいまでの間を指します。

支度とは、予定されている物事を行うために準備をすることです。

つまり、「夏支度」とは、6月から8月くらいの季節に向けて準備をするという意味になります。

実際に夏になってから何かをするのではなく、夏の前に行うことを指します。

「夏支度」の概要

日本には四季があり、季節によって衣服を変えたり、行う行事が違ったりします。

夏には夏に着る服や行事があります。

そういったものを準備することをこの言葉は意味しています。

夏の日差しはとても強いです。

無防備な姿で屋外に出ると、肌がじりじりと焼けるようです。

室内にも強い日差しが入ってきます。

強い日差しは家具や床を傷めたり、室内の温度を上昇させたりする原因です。

こういったことを防ぐために、日差し対策が必要です。

日差しを遮るために役立つものは、遮光カーテン、すだれ、サンシェードなどです。

これらは夏前くらいから販売されています。

気温が高くなるので暑さ対策も必要です。

暑さ対策に役立つものには、扇風機、エアコン、ひんやりするマットなどがあります。

ペットの暑さ対策も必要で、ペット用のひんやりするマットがあります。

肌の状態を気にする人なら、紫外線対策も必要です。

紫外線を浴びると活性酸素が発生をして、肌老化を進行させます。

無防備に紫外線を浴び続ければ、シミ、シワ、乾燥などの原因になります。

紫外線対策に役立つものには、日焼け止め、帽子、日傘などがあります。

夏近くになると、ウォータープルーフの日焼け止めや、SPFやPAが高い日焼け止めなどの販売される種類が多くなってきます。

暖かいと虫が活発に動き出すようになります。

夏に気になるのは蚊やコバエです。

蚊には蚊取り線香、コバエにはコバエ取りが役立ちます。

夏休みには旅行をしたり、海や川などに出かける人が増えます。

海や川などに遊びに行くなら、水着、浮き輪、パラソルなどが必要です。

こういった夏に使うものをあらかじめ用意しておくことを「夏支度」といいます。

「夏支度」の言葉の使い方や使われ方

夏に必要なものを準備することを指して使用する言葉です。

夏に必要なものは、涼しく過ごせる衣服、レジャーで使うもの、日差し対策用のもの、紫外線対策用のものなど、さまざまあります。

こういったものをあらかじめ準備することをいいます。

「夏支度」の類語や言いかえ

「夏にむけての用意」が似たような意味の言葉です。

むけるは、ある目的にあてる、ある方向を目指すという意味、用意はあらかじめ必要なものをそろえるという意味です。

まとめ

季節によって必要なものが違い、夏には夏に必要なものがあります。

そういったものをあらかじめ用意しておくことをこの言葉は意味しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典