「大企業」と「中小企業」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「大企業」と「中小企業」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大企業」「中小企業」の違いを分かりやすく説明していきます。

「大企業」とは?

「大企業」の意味と概要について紹介します。

「大企業」の意味

「大企業」「だいきぎょう」と読みます。

意味は「中小企業よりも規模が大きい会社、社会的知名度が高く社員数が多い」になります。

「大企業」の概要

「大企業」は、特に定義はなく「中小企業より規模が大きいこと」と言われています。

一般的には、「知名度が高い企業」「社員数が多く、自社ビルを持っていて、支店も数多くある企業」「売上高が高い企業」などがあります。

「大企業」は社員数が多く、福利厚生が充実しているというメリットがあります。

ただし、人数が多い分、自分の意見が通りにくく、やりたい様になれないというデメリットもあります。

最近では不況やコロナ禍などにより、大企業でも経営が破綻するケースも増えています。

「中小企業」とは?

「中小企業」の意味と概要について紹介します。

「中小企業」の意味

「中小企業」は、「ちゅうしょうきぎょう」と読みます。

意味は「中小企業基本法という法律で定められている会社のこと」です。

「中小企業」の概要

「中小企業」は、中小企業庁により、中小企業基本法で定義された条件を満たす会社のことです。

中小企業基本法は、業種ごとに定められています。

例えば、「卸売業」の場合「資本金の額、または出資の総額が1億円以下」「従業員数が100人以下」のいずれかを満たすこととされています。

「サービス業」「資本金5000万円以下、従業員数が100人以下」「小売業」「資本金5000万円以下、従業員数50人以下」「製造業、建設業、運輸業など」「資本金3億円以下、従業員数300人以下」など、資本金と従業員数が基準になります。

「大企業」と「中小企業」の違い!

「大企業」「中小企業よりも規模が大きい会社」です。

「中小企業」「中小企業基本法で定められている会社のこと」です。

まとめ

今回は「大企業」「中小企業」の違いをお伝えしました。

「大企業は規模の大きい会社」「中小企業は法律で定められている会社」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典