「大義」と「正義」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「大義」と「正義」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「大義」「正義」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「大義」とは?

「大義」の意味と使い方について紹介します。

「大義」の意味

「大義」「たいぎ」と読みます。

意味は「人として守るべき道義」「行動を起こす際に重要な意義」です。

「大義」の使い方

「大義」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は「人として守るべき道義」という意味で、「大義を重んじる」などと言います。

昔は国家や自分の主君への忠義を表した言葉ですが、最近では自分が所属している組織や団体、上司や親、恩人などが正しい信じていることを、自分も信じて行動することを言います。

2つ目は「行動を起こす際に重要な意義」という意味で、「大義名分」などと言います。

人が何か行動を起こす時に、その意義や根拠などを示す言葉です。

「正義」とは?

「正義」の意味と使い方について紹介します。

「正義」の意味

「正義」「せいぎ」と読みます。

意味は「人の道にかなって正しいこと」「正しい解釈」「人の行動が社会的に反する者であった時に、制裁を加える規範」です。

「正義」の使い方

「正義」には以下の3つの意味と使い方があります。

1つ目は「人の道にかなっていて正しいこと」という意味で、「正義の味方」などと言います。

日常的によく使われるのはこちらの意味で、善行や道徳的な行動を表します。

2つ目は「正しい解釈」という意味で、「書物の正義」などと言います。

3つ目は「人の社会的な行動の厳しい評価基準のこと」という意味で、「報復的正義」等と言います。

上記に共通するのは「道徳的に善いことを正しいとする考え方」という点です。

「大義」と「正義」の違い!

「大義」「人として守るべき道義」「行動を起こす際に重要な意義」です。

「正義」「人の道にかなって正しいこと」「正しい解釈」です。

まとめ

今回は「大義」「正義」の違いをお伝えしました。

「大義は組織として正しいと思うこと」「正義は自分が正しいと思うこと」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典