「天使」と「キューピット」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「天使」と「キューピット」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「天使」「キューピッド」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「天使」とは?

「天使」の意味と概要について紹介します。

「天使」の意味

「天使」は、「キリスト教で天国にいる、神の軍勢の構成員。神の命令により人間界とのつながりを持つ存在」という意味です。

「天使」の概要

「天使」は、キリスト教の考え方で、天国にいる神に仕える軍勢の構成員のことを言います。

神に反逆する堕天使と戦い、勝利を収めました。

また、「天使」は神の命令により、人間界にやってきて、神の言葉を伝えたり、側に付いて守ってくれたりもします。

「天使」は本来人の目には見えない存在ですが、イラストなどに表す時には羽根の生えた美しい人に描かれます。

あくまで神の僕であり、年齢や性別、寿命などはありません。

「キューピッド」とは?

「キューピッド」の意味と概要について紹介します。

「キューピッド」の意味

「キューピッド」は、「ギリシャ神話に出てくる神のこと、愛情を司る存在」です。

「キューピッド」の概要

「キューピッド」は、ギリシャ神話に出てくる神で、愛情を司る存在です。

小さな弓矢を持ち歩き、その矢で射ぬかれた人は、最初に出会った人を大好きになってしまうという力を持っています。

但し、もう一つの矢で射ぬくと、相手のことが大嫌いになるという力も持っていて、これらを巧みに使い、いたずらをすることもあります。

本来は美しい青年なのですが、イラストでは羽根の生えた赤ちゃんの姿に描かれることが多くなります。

「天使」と「キューピッド」の違い!

「天使」「キリスト教で天国にいる、神の軍勢の構成員」です。

「キューピッド」「ギリシャ神話に出てくる愛情を司る神のこと」です。

まとめ

今回は「天使」「キューピッド」の違いをお伝えしました。

「天使はキリスト教で天国にいる存在」「キューピッドはギリシャ神話の神」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典