「天使」と「堕天使」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「天使」と「堕天使」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「天使」「堕天使」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「天使」とは?

「天使(てんし)」とは、「天界にいて、神の使者(従者)として人間に神意を伝達したり、人を危難・誘惑から守ってくれたりすると信じられている霊的存在」のことを意味しています。

特にキリスト教やイスラム教、ユダヤ教などの「一神教」において、「天使」という霊的存在が信じられています。

天使は一般に「エンジェル」とも呼ばれます。

また宗教的・霊的な存在だけではなくて、「心が清らかで汚れがなく誰に対しても優しい人のたとえ」として「天使」の言葉が用いられることもあります。

「堕天使」とは?

「堕天使(だてんし)」とは、「神に対する高慢・競合・反逆などの罪によって、天界から追放された(地上に落とされた)元天使」のことを意味しています。

特にキリスト教における「堕天使」は、「神に反逆(神から離反)した元天使」「元天使の悪魔・ルシフェル」といった意味合いを持っています。

キリスト教における悪魔とは元天使の「堕天使」のことであり、堕天使のリーダーとしてサタンやルシフェルが想定されているのです。

堕天使ルシフェルは、サタンの別名として解釈されることもあります。

「天使」と「堕天使」の違い!

「天使」「堕天使」の違いを、分かりやすく解説します。

「天使」「堕天使」もキリスト教などで使われている宗教的な存在・概念という意味では似ていますが、「天使」「神の側に立っているとされる霊的存在」であり、「堕天使」「高慢・嫉妬などの自由意思で神に逆らって天界を追放されたとする霊的存在」であるという違いがあります。

「天使」というのは「神と人間の間に立って、神意を伝達したり人を危険・誘惑から守ってくれるとされる善なる存在」とされますが、「堕天使」のほうは「高慢・嫉妬・反逆などによって天界から追放された元天使の悪魔(悪なる存在・キリスト教では特に悪魔ルシフェル)」とされている違いを指摘できます。

まとめ

「天使」「堕天使」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「天使」とは「天界にいて、神の使者として人間に神意を伝達したり人間を守護してくれたりすると信じられているもの・エンジェルと呼ばれる」「心が汚れていなくてとても優しい人」を意味していて、「堕天使」「神に逆らうなどの様々な理由によって天界を追放された元天使・キリスト教では元天使で悪魔となったルシフェルのこと」を意味している違いがあります。

「天使」「堕天使」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典