「天性的」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「天性的」

天性的といった言葉を聞いた事がありますか?天性的とは、天性として備わっているような性質、性格を表します。

「天性的」の意味

天性的の天性とは、生まれつき備わっている才能、性質、資質を表します。

天から与えられた特殊なギフト、天性の才能といった風に、何か特別に優れた点について表す場合が多いようです。

他にも、まったくといった意味で用いられる場合もあります。

昔は、天性をてんせいと呼ばずに、てんぜいとも呼んでいたようです。

天然自然のなりゆきについても、天性的な現象だと述べる場合があります。

「天性的」の言葉の使い方

天性的の言葉の使い方としては、天から特別に与えられた才能といった意味で用いられるので、特に優れた点について表します。

まるで天から与えられたかのような天資、天質について紹介する場合に用いられる事が多いようです。

何か努力して身につけたスキルというよりは、生まれつき備わっている特殊な能力や資質に対して活用されます。

天から授かった天性的な才能を秘めている人は、努力して才能を磨く事によって、何か歴史に残るような素晴らしい偉業を成し遂げる力が備わっているのです。

「天性的」を使った例文・短文(解釈)

ここでは「天性的」という言葉の例文をいくつか紹介します。

「天性的」の例文1

「彼の天性的な才能にかかれば、どんな難題でもスラスラと解ける」

他の大勢の人が把握できないような難題でも、彼の生まれつきの天性的な才能にかかれば、簡単に解ける、解析できるといった場合に天性的といった言葉が用いられます。

「天性的」の例文2

「彼女の天性的な才能が発揮できる場は数多くある」

天才と呼ばれる人は、どこに行っても、どのような境遇に置かれても、その天性的な才能を発揮する事ができる事を意味します。

天から授かった才能というのは、このように一般の人には計り知れないぐらいに凄い力を秘めているという事なのです。

超能力と呼ばれるレベルの才能も、天性的な才能と呼ぶ場合もあります。

このように天から授かったギフトは、誰でも持ち合わせているものではないのです。

「天性的」の例文3

「彼の天性的な才能は、特に秀でているから、きっとこれから何か偉業を成し遂げるであろう」

他の人に比べて、ひときわ目立つ才能を秘めた人は、今後さらに努力して才能を磨いていく事によって、歴史に名を残すような偉業を成し遂げるであろうといった内容を表しています。

卓越した才能、秀でた才能、素晴らしい才能といった表現を使うよりは、天から授かった天性的な才能と書いた方が、人間離れした凄い才能といったニュアンスを含む事ができるから特別感があるのです。

「天性的」の例文4

「彼女の天性的な才能の噂を聞きつけた世界中の人々が、その才能を伸ばそうといって、数多くのスポンサーがつくようになった」

こんな所にこんな凄い天性的な才能を秘めた人がいる、といった噂を聞きつけた世界中の人々が、その天性的な才能をさらに開花させてみたいと願い、多くのスポンサーがつくようになったというパターンです。

このように、まるで天から授かったかのような他には例のない凄い才能を秘めている人の噂は、すぐに世界中に広まって、スポンサーがつくといった訳です。

それだけ天性的と呼ばれる才能を秘めた人は、貴重な存在という事です。

ただしいくら天性的な才能を秘めている人でも、その才能がうずもれないように日々磨いていったり、何かの形で披露するシーンがないと、せっかくの天性的な才能も世に知られぬままに退化していってしまいます。

もしもあなたにも何か天性的な才能が備わっているのであれば、その才能をさらに輝かせるために、それなりの努力を続けていって下さい。

天性的な才能を開花させるために、一番大切な事は、自分の才能を信じる事です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典