スポンサーリンク

「天恵を受ける」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「天恵を受ける」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「天恵を受ける」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「天恵を受ける」とは?意味

「天恵を受ける」とは、「天からもたらされる、ありがたい恩恵・恵み(利益)を受け取ること」を意味しています。

「天」という概念は、孔子の儒教(儒学)をはじめとする古代中国の思想でよく使われている概念ですが、「人間および人間社会の運命を規定するような超越的な概念」のことを意味しています。

「天」「神」にも近いものですが、「神のような人格を持たず、目に見えない形で人間社会・人間個人・歴史的な展開に大きな影響をもたらしている運命の源泉・根拠」のような意味合いを持っている概念なのです。

「天恵を受ける」という言い回しには、「人間の努力や工夫では制御できない天の采配・運命による恩恵を享受する」といった意味合いが備わっているのです。

「天恵を受ける」の概要

「天恵を受ける」という慣用句的な言い回しは、「天恵」「受ける」を組み合わせてつくられている言い回しです。

「天恵」という名詞は、「天と呼ばれる超越的観念(運命を規定するもの)からもたらされる恩恵・利益・恵み」を意味しています。

「受ける」という動詞は、「物理的なモノ・利益を受け取ること」「観念的な影響・恩恵・特典を享受すること」といった意味合いを持っています。

この二つの言葉の意味から、「天恵+受ける=天恵を受ける」で、「人為ではどうしようもできない天からもたらされる恩恵・恵みを受け取ること」を意味している表現になります。

例えば、「天恵を受けたと思って、今の豊かさを社会にできるだけ還元していきたいと考えています」などの文章において使うことができるのです。

「天恵を受ける」の言葉の使い方や使われ方

「天恵を受ける」という言葉の使い方は、「人間世界の道理を超えた天の恵みを享受すること」を意味して使う使い方になります。

「天恵を受ける」という慣用句のように使われている表現は、「人間個人の力では変えることのできない天の恩恵を受ける」といった意味のニュアンスを含めて使われているのです。

「天恵を受ける」の表現は特に、「人為・人知では完全にコントロールすることが不可能な活動や物事において幸運に恵まれた場合」に使われるケースが多くなっています。

「天恵を受ける」を使った例文(使用例)

・『責任の大きな重職にこの度任命される運びとなりましたが、天恵を受けたと解釈して皆様のために全身全霊で職務の遂行に当たっていきます。』

・『農業や漁業において豊作・豊漁になるかどうかは、究極的には天恵を受けられるか否かという人知の通じない要因も関わってきます。』

・『人生で大きな成功ができるかは運にもかかっていますが、天恵を受けることができれば必然的に幸運にも恵まれることになります。』

まとめ

「天恵を受ける」という慣用句的な表現の意味・使い方などについて説明してきましたが、いかがでしたか? 「天恵を受ける」とは、「(人為では制御できない)天によって授けられる恩恵を受け取ること」を意味している文語(書き言葉)に多い表現になります。

「天恵を受ける」という言い回しの意味・概要について詳しく調べたい時は、この記事の解説をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典