「天運」と「悪運」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「天運」と「悪運」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「天運」「悪運」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「天運」とは?

「天運」の意味と使い方について紹介します。

「天運」の意味

「天運」「てんうん」と読みます。

意味は「天から与えられたあらゆる巡り合わせのこと」「天体の運行」です。

「天運」の使い方

「天運」は、天から与えられた、良い事、悪いことなどあらゆる巡り合わせのことを言います。

宗教的な考え方で、ものごとの成り行きや、人が経験することなどは、全て天によって決められているというものです。

「天」とは「神」「大自然」「宇宙のエネルギー」など様々で、人智を超えた存在を表しています。

「天運」はあくまで「巡り合わせ」のことであり、「良い」「悪い」という結果までは含みません。

「やるだけやったから、あとは天運に任せよう」など、これからどうなるか分からないことに対して使われます。

「悪運」とは?

「悪運」の意味と使い方について紹介します。

「悪運」の意味

「悪運」「あくうん」と読みます。

意味は「運が悪いこと」「悪事による報いを受けずに、返って栄えること」という意味があります。

「悪運」の使い方

「悪運」には以下の2つの意味があります。

1つ目は「運の悪いこと」という意味で、何をやっても悪い結果になり、不幸になることを言います。

2つ目は「悪いことをしたのに報いを受けずに逃れて、しかも返って栄えること」という意味で、悪いことをしても変わらずに繁栄している人のことを言います。

こちらは決して良い意味ではなく、相手に対して「悪いことをしたのに図々しい」という意味になります。

また、「悪運が尽きる」「悪いことから逃れられて幸せに暮らしてきた運が、とうとうなくなること」という意味で、最終的に報いを受けることを表します。

「天運」と「悪運」の違い!

「天運」「天から与えられたあらゆる巡り合わせのこと」です。

「悪運」「運が悪いこと」「悪事による報いを受けずに、返って栄えること」です。

まとめ

今回は「天運」「悪運」の違いをお伝えしました。

「天運は天から授かるあらゆる運」「悪運は自分が持っている悪いことに対して強い運」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典