「太陽光発電」と「太陽熱発電」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「太陽光発電」と「太陽熱発電」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「太陽光発電」「太陽熱発電」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「太陽光発電」とは?

「太陽光発電(たいようこうはつでん)」とは、「太陽の光エネルギーを太陽電池(光が当たると発電する半導体素子)に照射させることで、直接的に電気に変換して発電する発電システム」のことを意味しています。

「太陽光発電」「太陽熱発電」よりも低コストで家庭用でもシステムを設置できますが、「日照率の低下・天候の悪化」によって、発電量が減少して不安定になりやすい特徴を持っています。

「太陽光発電」は太陽電池(ソーラーパネル)の生産コストが高かったのですが、近年はそのコストも低下してきています。

「太陽熱発電」とは?

「太陽熱発電(たいようねつはつでん)」とは、「太陽光をレンズ・反射鏡で一点に集めて、そのレンズに発生した熱で蒸気タービンを回転させて発電する発電システム」のことを意味しています。

「太陽熱発電」には、「トラフ型・フレネル型・タワー型・ディッシュ型」などの種類があります。

「太陽熱発電」は初期投資のコストが「太陽光発電」よりも高いですが、「日照率や天候の変化」に発電量が左右されにくく、大規模な施設であれば夜間でも安定した発電ができる長所も持っています。

「太陽光発電」と「太陽熱発電」の違い!

「太陽光発電」「太陽熱発電」の違いを、分かりやすく解説します。

「太陽光発電」「太陽熱発電」もどちらも、「太陽光のエネルギーを利用した発電システム」ということでは共通していますが、「太陽光発電」「シリコン半導体の発電特性を生かして、太陽の光エネルギーを直接的に電気に変換する発電システム」のことを意味しています。

「太陽光発電」に対して「太陽熱発電」は、「レンズで集光した太陽光の熱で、蒸気タービンを回して間接的に発電するシステム」であるという点が違っています。

また「太陽光発電」のほうが「太陽熱発電」よりもやや低コストで発電できますが、日照率・天候に左右されにくい発電効率では「太陽熱発電」のほうが優れている違いも指摘できます。

まとめ

「太陽光発電」「太陽熱発電」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「太陽光発電」とは「太陽の光エネルギーを太陽電池(半導体素子)に照射させることで直接的に電気に変換して発電する発電システム」を意味していて、「太陽熱発電」「太陽光をレンズ・反射鏡で集めて、レンズに生じた熱で蒸気タービンを回転させて発電する発電システム」を意味している違いがあります。

「太陽光発電」「太陽熱発電」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典