スポンサーリンク

「失態を犯す」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「失態を犯す」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、慣用句の「失態を犯す」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「失態を犯す」とは?意味

「失態を犯す」の読みは、「しったいをおかす」で、「面目をそこなったり、人の笑いものになるような失敗をすること」を意味する慣用句です。

「失態を犯す」の概要

「失態を犯す」の慣用句を構成する「失態」「犯す」について少し詳しく説明します。

「失態」「体面を失ったり、面目をそこなう様な失敗」「人の笑いものになるような失敗」を意味します。

また「犯す」「法律的に、または倫理的にも行ってはならない行為をすること」を指す言葉ですが、そこから広く「失敗すること」にも使われる言葉です。

従って、この二つの言葉で構成される「失態を犯す」「面目をそこなったり、人の笑いものになるような失敗をすること」の意味となるのです。

また、「失態」の後に続く動詞として、「演じる」を使った「失態を演じる」と言う慣用句もあります。

この慣用句で使われている「演じる」の意味は、「良くないことで、人目に付くようなことを行う」ことを指しており、慣用句全体の意味としては「失態を犯す」と同じです。

両方の慣用句とも、見聞きすることは同じ様にありますが、「失態を演じる」の方が正しいとする人も少なくないため、こちらを使う方が無難かもしれません。

しかし「失態を犯す」も慣用句として定着した言葉で、もちろん間違いではありません。

ちなみに、「失態を犯す」と言う言葉は、「面目をそこなったり、人の笑いものになるような失敗をすること」であり、失敗が人の目にさらされることが前提の言葉です。

従って自分の中で失敗したと感じても、それを「失態」「失態を犯す」とは言いません。

「失態を犯す」の言葉の使い方や使われ方

「失態を犯す」の慣用句は、以下の例文のように使われます。

・『彼の凡ミスが、大きな失態を犯す原因となってしまいました』
・『彼女は失態を犯すと、ひどく落ち込んでしまうので、すぐにそのことが分かります』
・『失態を犯すことは良くないことですが、それを反省することで、人は成長するものです』
・『彼は失態を犯すことが、悪いことだと思っていないかのように、平然としている』
・『失態を犯すことを恐れて、挑戦しないことも良くないことです』

「失態を犯す」の類語や言い換え

「失態」の類語としては「失策」「不始末」「失敗」「しくじり」「へま」などが挙げられます。

また、「失態を犯す」で使われている「犯す」の類語としては、「演じる」「起こす」「やらかす」などが挙げられます。

従って、「失態を犯す」は、「失策を演じる」「不始末を起こす」「失敗を起こす」「しくじりを起こす」「へまをやらかす」などと言い換えることが出来ます。

まとめ

「失態を犯す」とは、「面目をそこなったり、人の笑いものになるような失敗をすること」を意味する慣用句です。

「失態を犯す」と、同じ意味の慣用句として「失態を演じる」もあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典