「女友達」と「彼女」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「女友達」と「彼女」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「女友達」「彼女」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「女友達」とは?

「女友達」とは、一緒に勉強したり、遊んだり、飲食をしたりして「親しく交わる女性の友人」という意味になります。

「友達」が男性か、女性か区別する際、また、男性が「恋人」「恋人ではない女性」と区別する時に使います。

例えば親しくしている女性であっても、肉体的な関係がない場合は「彼女」ではなく「女友達」と言うことは一般的です。

もしくは肉体関係があったとしても、本命ではないという意味で「女友達」ということもあります。

いずれにしましても「恋人」ではないという意味になります。

「昨日一緒にいたのは、学生時代からの女友達だ」「女友達と言いながら、複数の女性と関係を持つとはとんでもない浮気男だ」などと、使います。

「彼女」とは?

「彼女」とは、三人称で、女性を指し示す言葉なのですが、それとは別に男性から見て、恋人、もしくは愛人である女性を言います。

日常会話で一般的に「彼女」と言えば「恋人」という意味がほとんどでしょう。

「彼女がついにできた」などと言えば「恋人ができた」という意味で解釈します。

「女友達」と「彼女」の違い!

「女友達」「彼女」の違いを、分かりやすく解説します。

この二つの言葉は男性側から見て、お付き合いをしている女性という意味では同じですが、そのお付き合いの内容は違ったものとなりますので混同しないようにしましょう。

一般的に「女友達」とは「親しくしている女性の友人」という意味になります。

勉強をしたり、遊んだり、習い事仲間だったりという関係性ですので「肉体関係はない」という意味でも使われたりします。

浮気、不倫報道などがあった際「彼女は女友達の一人です」などと釈明する時に聞いたことがあるのではないでしょうか。

一方「彼女」とは男性側から見て「恋人」のことです。

「僕と彼女は付き合いだして三カ月」「彼女と明日は映画に行く」などと、使います。

また既婚男性が愛人女性のことを「彼女」と言いますのは、「妻」「彼女(愛人)」という区別になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「女友達」「彼女」、二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの意味を正しく理解して使い分けるようにしてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典