「好意」と「恋愛」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「好意」と「恋愛」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「好意」「恋愛」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「好意」とは?

「好意」の意味と使い方について紹介します。

「好意」の意味

「好意」「こうい」と読みます。

意味は「その人に対して、親しみや好ましく思う気持ちのこと」「愛情の前段階の気持ち」「その人に対して親切にしたいと思う気持ち」です。

「好意」の使い方

「好意」は、相手に対して親しみや興味を持つ気持ちのことを言います。

人として良い評価をしていて、「人間的に信用できる」「優れた能力を持っている」「相性が良い」と思い、一緒にいても苦にならないと思う人に対して使われます。

相手のことをもっと知りたいと思う気持ちも生じるので、恋愛感情の前段階でもあります。

「好意」は異性関係だけではなく、ビジネスでも使われる言葉で、性別を問いません。

相手に対して良いイメージを持っていて、接して心地良いと思えれば「好意」と言うのです。

「恋愛」とは?

「恋愛」の意味と使い方について紹介します。

「恋愛」の意味

「恋愛」「れんあい」と読みます。

意味は「特定の人に、特別な愛情を感じること」「お互いに相手を恋い慕うこと」です。

「恋愛」の使い方

「恋愛」「好意」がさらに発展した形で、異性として付き合いたい、将来結婚したいと思う感情のことを言います。

常に自分のことを気にして欲しいと思ったり、いつも一緒にいたいと思う気持ちが強くなります。

「好意」との大きな違いは、相手が他の異性と一緒にいると嫉妬を感じると言いう点です。

一対一で付き合いたい、自分だけを好きでいて欲しいという願望が表れてくるのです。

相手を異性として興味を持ち、「性的欲求」の対象となるものです。

「好意」と「恋愛」の違い!

「好意」「相手に対して親しみや興味を持つ気持ち」です。

「恋愛」「相手に対して異性として付き合いたい、将来結婚したいと思う感情のこと」です。

まとめ

今回は「好意」「恋愛」の違いをお伝えしました。

「好意は親しみの気持ち」「恋愛は性的欲求」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典