スポンサーリンク

「如実に表す」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「如実に表す」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「如実に表す」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「如実に表す」とは?意味

「如実に表す」「如実」の読みは「にょじつ」で、「ありのままや、事実そのもの」を意味する言葉です。

従って、「如実に表す」「ありのままや、事実そのものが、表に出ること」を指す意味となります。

「如実に表す」の概要

前項で、「如実」「ありのままや、事実そのもの」を意味すると説明しましたが、この言葉はもともとは仏教用語であったものが、転じた言葉です。

仏教用語では「如実」とは、「究極の真理や真如に適っていること」を意味するものです。

そこから転じて、「ありのままや、事実そのもの」と言う広い意味を持つ言葉となったものです。

また「如実」の熟語を分解して考えると、「如実」「如」「~のごとく」を表す言葉で、「如実」「実」「事実や真実」を指す言葉です。

従って、「如実」は文字通りの意味としては「事実や真実のごとく」となり「ありのままや、事実そのもの」を意味する言葉と言えるのです。

この「如実」「如実に」として副詞的に使われ、「如実に表す」「如実に表れる」として使用される事が多い言葉と言えます。

ここで「あらわす」として「表す」の表記を使っていますが、「現す」ではないのかと、疑問に思われる方もおられるかも知れません。

辞書によれば「表す」「目に見えにくい物事が、はっきりと表現されること」であり、「現す」「今まで隠れていた物事が、見えるようになること」と記されています。

ここからは、「如実に現す」と言う使い方が適切な場合も、皆無とは言えません。

しかし「如実にあらわす」と慣用句として使われる場合、「あらわす」物事として「感情」「状況」「変化」などに対するケースが多く、「表す」の表記の方が適切と言えるのです。

「如実に表す」の言葉の使い方や使われ方

「如実に表す」の言葉は、『この事業計画は、売上重視から利益重視への会社の方針転換を如実に表すものとなっています。』や『この日記は、彼女の感情の変化を如実に表す言葉で溢れています。』や『ここ数年の日本のGDPの伸び率の推移は、日本経済が低迷している事を如実に表しています。』の様に使われます。

「如実に表す」の類語や言い換え

「如実」の類語としては、「明白」「忠実」「顕著」「ありのまま」などが挙げられます。

従って、「如実に表す」「明白に表す」「忠実に表す」「顕著に表す」「ありのままに表す」と言い換える事が出来ます。

まとめ

「如実に表す」「ありのままや、事実そのものが、表に出ること」を指す意味の言葉です。

この慣用句の「如実」は仏教用語での「究極の真理や真如に適っていること」の意味から、現在の意味の「ありのままや、事実そのもの」へと転じたものです。

また「あらわす」の表記として「現す」を使った方が適切な場合も皆無ではありません。

しかし、この慣用句では「あらわす」物事が一般的には「感情」「状況」「変化」であるケースが多く、こうしたことから「表す」の表記を使った方が適切で無難だと言えます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典