「妥協」と「犠牲」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「妥協」と「犠牲」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「妥協」「犠牲」の違いを分かりやすく説明していきます。

「妥協」とは?

「妥協」の意味と使い方について紹介します。

「妥協」の意味

「妥協」「だきょう」と読みます。

意味は「ものごとが対立した時に、双方が譲りあって受け入れられる点を見つけ出し、穏やかに解決すること」です。

「妥協」の使い方

「妥協」は、利害関係が対立している者同士が話し会い、双方が折れ合って我慢できる点を見つけ出して、まとめることを言います。

また、片方が一方的に相手に譲って円満に収める時もあります。

いずれにしても、「不本意であっても、譲れる点を見つけ出して我慢をして、円満解決に努めること」という意味です。

気持ち的には「仕方ない」「折れた」というものですが、集団で行動する時や、交渉ごとでは必要な対処法です。

「犠牲」とは?

「犠牲」の意味と使い方について紹介します。

「犠牲」の意味

「犠牲」「ぎせい」と読みます。

意味は「神や精霊などをまつるときに供える生き物」「目的を達成する為に、大切なものを捧げること」「災難により命を落としたり不幸になること」です。

「犠牲」の使い方

「犠牲」は、目的を達成する為に、自分の大切なものを代わりに捧げることを言います。

本来は「神や精霊などをまつる時にささげるいけにえ」という意味でした。

そこから転じて、大切なものを捧げる、或いは命を捧げるなどの意味で使われる様になりました。

「自己犠牲」は、皆の為ならば自分が不幸になっても構わないと思うことで、自分の行為に対して満足する気質のことを言います。

「妥協」と「犠牲」の違い!

「妥協」「双方が譲りあって我慢できる点を見つけ出し、穏やかに解決すること」です。

「犠牲」「目的を達成する為に、自分の大切なものを代わりに捧げること」です。

まとめ

今回は「妥協」「犠牲」の違いをお伝えしました。

「妥協はお互いが我慢する」「犠牲は一方的に誰かが不幸になる」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典