スポンサーリンク

「妬み」と「やっかみ」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「妬み」と「やっかみ」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「妬み」「やっかみ」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「妬み」とは?

「妬み」は、対象となる物をうらやましいと思う気持ちでかつ、相手のことを憎いという気持ちがあって成り立ちます。

その上で、相手を呪おうとするのが「妬み」で、実際に行動に移し、対象となる人をどうにかしようとまでは思いません。

つまり、実際に行動を起こしてうらやましいや憎らしいと思う者に手をかけた場合、それは「妬み」ではなくなり「嫉妬」に変化します。

「やっかみ」とは?

「やっかみ」は、日本の関東地方で使用される言葉で、「妬み」と全く同じ意味の言葉です。

「妬み」と同じ言葉になるため、実際には相手に対して行動を起こさず、うらやましいと思ったり、憎いと思ったり呪ってやろうと思うことを「やっかみ」と言います。

「妬み」と「やっかみ」の違い

「妬み」「やっかみ」の違いは、意味においては全く同じで、使用されるエリアによって呼び方が違うだけです。

「妬み」は、関東地方以外の日本エリアで使用される言葉ですが、「やっかみ」は関東地方で使用される言葉で、意味は「妬み」と全く同じになります。

その為、違いを聞かれたら、「やっかみ」は、関東エリア、「妬み」は関東エリア以外の日本のエリア、と覚えておくとよいでしょう。

「妬み」の例文

・『人間、妬みの感情が強くなると人を呪わざるを得ない』

この例は、人間、他人をうらやましいと思ったり、憎いと感じた際には、人を呪おうとする感情を持たざるを得ないことを説いた例です。

「妬み」はあくまで、人をうらやましく思い、呪う行為ですが、いずれ相手の人物を手にかけることも考えられます。

「やっかみ」の例文

・『人をやっかむ暇があるなら自分をより高め精進せよ』

この例は、他人をうらやましいと思ったり憎いと感じる前に、自分の能力を高めるよう精進することを説いた例です。

「やっかみ」は、「妬み」と全く同じ意味ですが、この言葉は関東エリアで主に使用されている言葉であるため、この例においては関東のどこかで使用された言葉であることがうかがい知れます。

まとめ

「妬み」「やっかみ」の違いですが、言葉の意味としては全く同じ意味で、「妬み」が持つ意味と「やっかみ」は同じです。

意味合いとしては、両者の言葉は、他人をうらやましいと思う感情や憎いと思う感情のことで、今すぐには行動を起こして対象者に手をかけることはないです。

ただし、呪いや嫌がらせという物を利用して他人に対して嫌がらせ行為を行うことはあり得ます。

なお、呪いや嫌がらせが相手に有効であるかどうかについては未知数で効果があるかどうかは、呪っている本人にしかわからないです。

まだ、「妬み」「やっかみ」「嫉妬」よりかは相手の人物などに直接手をかけて相手をどうにかしようとしないだけマシです。

「やっかみ」は関東エリアで使用されている「嫉妬」と同じ意味の言葉に当たり、「妬み」は関東エリア以外で使用されている日本で使用されているネガティブ感情を表現した言葉になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典