「子ども」と「孫」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「子ども」と「孫」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「子ども」「孫」の違いを分かりやすく説明していきます。

「子ども」とは?

「子ども」の意味と概要について紹介します。

「子ども」の意味

「子ども」「こども」と読みます。

意味は「年齢の低い者」「幼い者」「親がもうけた息子や娘」「動物などの子」「行動などが幼く浅はかな者」「目下の若者に親しみを込めた言葉」になります。

「子ども」の概要

「子ども」は、本来は「親がもうけた子」という意味です。

昔は多産性だったので、「子」に対して複数を表す言葉である「ども」が付き、「子ども」になりました。

漢字で「子供」と書くこともありますが、これは当て字で意味はありません。

「供」「お供え物」「お供」など、従属的で好ましくないという意見があったことから、文部科学省では公文書においては「子ども」と統一しています。

また、上記の意味から転じて「年齢が低い者」「幼い者」という意味にも使われることから、「孫」「子ども」のうちに含まれます。

更に意味が転じて、「行動が幼く思慮に欠けている者」として「子どもじみた振る舞い」などにも使われます。

「孫」とは?

「孫」の意味と概要について紹介します。

「孫」の意味

「孫」「まご」と読みます。

意味は「子の子」「もとの者から間を一つ隔てること」になります。

「孫」の概要

「孫」は、基準となる人の、子供の子供のことを言います。

血はつながっていますが、自分がもうけた子どもではありません。

男の場合は「男孫」「孫息子」、女の場合は「女孫」「孫娘」と言い、複数数はなく、子供の兄弟の子供も全て「孫」です。

「孫」から見た関係は「祖父」「祖母」になります。

「子ども」と「孫」の違い!

「子ども」「親がもうけた子」です。

「孫」「子供の子供のこと」です。

まとめ

今回は「子ども」「孫」の違いをお伝えしました。

「子どもは親から見た子」「孫は親から見た子供の子供」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典