スポンサーリンク

「存在感を放つ」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「存在感を放つ」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「存在感を放つ」【そんざいかん】の意味と使い方、例文を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「存在感を放つ」とは?意味

「存在感を放つ」【そんざいかんをはなつ】とは、自分を印象づけるように言葉を放ち、目立つ行動見せて存在感を強調するという意味があります。

目立つ行動には強さがある姿や演技する、大きな声を出して威厳を見せて、他の人にはない強さを見せるわけです。

同年代や同じ容姿の中から飛びぬけて頭が良かったり、見た目が美しいなど人が持っていないものを持っている人に対しても「存在感を放つ」と伝えていかに素敵かを表現できます。

「存在感を放つ」の概要

周囲を感心させる行為や行動が見られる人は、周囲よりもその存在が素晴らしいと感じます。

その際立つ行為や行動が素晴らしいと感動したとき、目の前にいる人がひときわ大きく感じ、誇らしい、格好良いと感じたとき「存在感を放つ」と言い表します。

「存在感」「実在感」「威圧感」という意味があり、圧力を感じるほど力を感じるという意味になり、「放つ」「周囲に香りや自分の体臭を放つ」という意味合いがあり、人々にその存在を感じさせます。

類義語には「独特の雰囲気」があり、その人にだけが持つ雰囲気は個性でもあり、魅力的でもあったときに褒める意味で使われています。

対義語は「存在感が薄い」で、そこにいるというのにまるで気配を感じさせず、いるかいないか分からない状態を意味しています。

「存在感を放つ」の言葉の使い方や使われ方

目の前にいる人が際立って見えるとき、「存在感を放つ人だな」と思う自分の気持ちを言葉にして表せますし、座っているだけで存在感を放つ人は周囲を圧倒させ、あっと言わせる言葉や行動を見せます。

人よりも目覚しい活躍した人は周囲よりもその姿はとても目立つように見える人、驚くほどいい成績を出した人は類まれな才能に恵まれていると人から尊敬される存在に思えるとき「存在感を放つ」と言い表せるわけです。

また、人ができないことをやり遂げて見せたり、素晴らしい活躍したとき「圧倒的な存在感を放つ」と言い、より素晴らしい成果上げた人を尊敬して認めるとき褒める言葉としても使われています。

「存在感を放つ」を使った例文(使用例)

・『職場にいる後輩は年下なのに存在感を放つ』
・『存在感を放つ嫁は夫の俺よりも打たれ強いのが頼もしいところだ』
・『私は存在感のある年上男性と結婚したいと思っている』
職場にいる後輩は自分よりもかなり年下だといのに存在感があるため、周囲の人に頼られ、尊敬されるのが羨ましいと感じる人の気持ちを表せます。

存在感を放つ嫁はか細い見た目とは違い、何が起きても動揺せずに立ち向かっていくところが素晴らしいと思う気持ちを表すときにも使えます。

自分の理想的な男性像を表すとき、このような人と結婚したいと思うときも使えます。

まとめ

勢いが止まらない、力がある人が周囲の記憶に残るような行動や行為することで人よりもたくましさがあるな、頼りになるなと感じる人だと思ったとき「存在感を放つ」と言い表し、素敵だと思う自分の気持ちを表せます。

女性や男性、子供からお年寄りを思うときにさりげなく使ってみれば最大の褒め言葉となるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典