スポンサーリンク

「安眠」と「快眠」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「安眠」と「快眠」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「安眠」「快眠」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「安眠」とは?

穏やかに、心配なことや不安なことがなく、ぐっすり眠ることです。

眠ろうと思っても寝つけない人は少なくないようです。

心配事があったり、不安なことがあったりすると、ぐっすり眠れなくなります。

また、周囲がうるさいときもぐっすりと眠れません。

音に眠りを妨げられてしまいます。

これらの状態は「安眠」とはいえません。

やすらかである、落ち着いているという意味を持つ漢字である「安」が使用されているように、「安眠」とはやすらかに眠ることです。

やすらかには、平安である、悩みや不安などがないさまという意味があります。

つまり、「安眠」とは、悩みや不安などがなく眠ることを意味しているのです。

「安眠」の使い方

悩みなどがなく、ぐっすり眠ることを指して使用する言葉です。

太陽が出ている時間帯に活動している人なら、夜の長い眠りを指して使用することが一般的です。

「快眠」とは?

心地よく眠ることです。

心地よいには、気分がよいという意味があります。

朝起きたときに、疲れが残っている、体が痛いといった人もいれば、気分よく爽やかな人もいることでしょう。

「快眠」ができると、目覚めたときの気分がよいです。

夜中に何度も目が覚めてしまう、音が気になって眠れない、ぐっすり眠った気がしない、こういった状態は「快眠」とはいいにくいです。

このような状態では、気持ちよくないでしょう。

気持ちのよい眠りを手に入れるためには、日中の適度な運動、栄養バランスを考えた食事の摂取、夜遅い時間にたくさん食べない、就寝前には間接照明を使用、ぬるま湯での入浴などを行うことが大切だといわれています。

「快眠」の使い方

気持ちがよい眠りを指して使用する言葉です。

太陽が出ている時間帯に活動をしている人なら、夜の長い眠りが気持ちのよいものである場合を指してこの言葉を使用します。

仕事中などにとる短い睡眠には、あまり使用しない言葉です。

「安眠」と「快眠」の違い

どちらの言葉も眠りのことを指していますが、眠りの状態がやや違います。

前者の言葉は、悩みや不安などがなく、深く眠ることを意味しています。

後者の言葉は、気持ちがよい眠りを意味しています。

「安眠」の例文

・『安眠をさまたげられる』
・『飼い猫がいつも安眠の邪魔をする』
・『安眠をサポートするというグッズを使う』
・『安眠できない』

「快眠」の例文

・『毎日快眠できています』
・『快眠できているなんて羨ましい』
・『快眠に役立つアイテムを買い集める』
・『快眠のために自分にあった枕を購入する』

まとめ

どちらの言葉も眠りのことを指しています。

よく眠れない、起きたときに疲れているといったものではなく、気持ちがよい眠りのことです。

しかし、やや意味合いが異なり、「安眠」はやすらかな眠り、「快眠」は心地よい眠りを指しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典