「定期テスト」と「期末テスト」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「定期テスト」と「期末テスト」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「定期テスト」「期末テスト」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「定期テスト」とは?

「定期テスト」の意味と概要について紹介します。

「定期テスト」の意味

「定期テスト」「ていきてすと」と読みます。

意味は「学校で、学期内におけるそれぞれの教科や科目の学習効果を確認して、成績を評価する為に決まった時期に実施される試験の総称」です。

「定期テスト」の概要

「定期テスト」は、「定期考査(ていきこうさ)」「定期試験(ていきしけん)」とも呼ばれ、学校で、学期内における教科や科目の学習効果を確認して、生徒の成績を評価する為に決まった時期に実施される試験のことを言います。

一般的には、一学期ごとに「中間考査(中間テスト)・期末考査(期末テスト)」の2回が実施され、三学期制の場合は「学年末考査」として、「中間・期末」を兼ねて行われます。

尚、大学や短大の場合は、一年間に「前期・後期」の2回のみ「定期テスト」が行われるところもあります。

「期末テスト」とは?

「期末テスト」の意味と概要について紹介します。

「期末テスト」の意味

「期末テスト」「きまつてすと」と読みます。

意味は「中学・高校において、定期テストのうち、学期末に実施される試験のこと」です。

「期末テスト」の概要

「期末テスト」は、「定期テスト」のうち、中学・高校で、学期末に実施される試験のことを言います。

大学や短大では試験が前期・後期に分かれているところも多く「期末テスト」という表現はしません。

「期末テスト」は、「中間テスト」の後、学期末に行われる試験です。

「中間テスト」が主要5教科のみであるのに対して、「期末テスト」「体育・美術・技術家庭・音楽」等の実技教科も含めて試験が行われます。

「中間テスト」よりも評価において重視される度合いが高いことが多くなります。

「定期テスト」と「期末テスト」の違い!

「定期テスト」「学期内において、成績を評価する為に決まった時期に実施される試験の総称」です。

「期末テスト」「定期テストのうち、学期末に実施される試験のこと」です。

まとめ

今回は「定期テスト」「期末テスト」の違いをお伝えしました。

「定期テストは学校で一斉に実施されるテストの総称」「期末テストは学期末に実施されるテスト」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典