スポンサーリンク

「実現させる」とは?意味や使い方、例文や概要

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「実現させる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「実現させる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「実現させる」とは?意味

「実現させる」とは、目的としていたものごとを現実のものとする事を意味する言葉です。

「実現させる」の概要

「実現」は、良い事柄を現実とする場合に使われる言葉で、現実になった結果が悪い事柄に対しては使われる事はありません。

従って、上記の「実現させる」とは?の項で、目的としたものごとを現実のものとすると記しましたが、その目的・目標は『将来の夢』といった一般的に好ましい事柄を指し、悪事の目的・目標に対して使うものではありません。

以上の意味や概要を記載した内容で、疑問を感じない方も少なく無いでしょうが、国語の知識がある人の中には、この「実現させる」の使い方は、おかしいのではと感じられる方も居られるでしょう。

それは「~させる」は、誰かに行為をするように仕向けることや、自由にすることを許す場合に使うもので、自分が目的を達成しようとする場合に、「実現させる」はおかしいという考え方です。

この考え方なら、正しくは「~する」を使い「実現する」とすべきと言う事になるのです。

しかし実際には、日常的には『子供の夢を実現させる』とも使いますし、『自分の夢を実現させる』とも使います。

これを理解するために、少しややこしいですが、文法的な説明をしたいと思います。

「実現する」は『夢を実現する』という自動詞と、『夢が実現する』という他動詞の両方の使い方があります。

この様に、自動詞と他動詞の両方の使い方がある場合には、それを嫌って異なる表現とする事が少なくないのです。

自動詞の場合には、この異なる表現とするために、受け身形で表すのが一般的で、そのために「実現させる」を自分の夢などに対しても使うのです。

これは決して誤りではなく、日本語として一般的によくある変形的な使われ方なのです。

「実現させる」の言葉の使い方や使われ方

「実現させる」は、『私は長年抱いて来た夢を絶対に実現させる』や『しっかり勉強して目標の大学への入学を実現させる』等の使い方をします。

また自分の目標や夢ではなく、他の人を動かせて「実現する」場合には、『彼の優れたアイディアによる研究を実現させるべく、しっかりサポートする』といった使い方もします。

「実現させる」の類語や言いかえ

「実現させる」の類語や言い換えとしては、「実現する」「現実のものとする」「完遂する」などが上げられます。

まとめ

「実現させる」とは、目的としていたものごとを現実のものとする事を意味する言葉です。

「実現させる」を『自分の夢を実現させる』のように、自分の行為に使うのは間違いではと思われる方も居られるでしょうが、決して間違いではありません。

これは「実現する」は『夢を実現する』という自動詞と、『夢が実現する』という他動詞の両方の使い方があります。

この様に自動詞と他動詞の両方の使い方がある場合には、それを嫌って異なる表現とする事が少なくないのです。

自動詞の場合には、この異なる表現とするために、受け身形で表すのが一般的で、そのために「実現させる」の表現に変化させて、自分の夢などに対しても使うのです。

日本語として一般的によくある変形的な使われ方なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典