スポンサーリンク

「実践練習」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「実践練習」とは?新語・ネット用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、四字熟語の「実践練習」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「実践練習」とは?意味

「実践練習」の読みは「じっせんれんしゅう」で、「ある理論や決まったルールや考えに基づいて練習を進めること」を意味します。

「実践練習」の概要

「実践練習」の言葉を構成する「実践」の意味を少し詳しく説明します。

「実践」「践」と言う漢字は、訓読みは「ふ(む)」で、「ふむや、ふみ行うや、実行する」と言った意味を持つ漢字です。

従って「実践」「主義や理論や考え方を、すぐ行動に移すや、実行に移す」と言う意味になります。

そこから「実践練習」とは「ある理論や理屈に従って、練習を進めること」を意味する言葉となります。

ここでの「練習」は、一般的によく使っている「技能や学問などが上達するように繰り返して習うこと」を指します。

具体的に説明すると、サッカーの監督が変わり、新たなフォーメーションを採用する場合を例に取れば分かりやすいと思います。

監督が新たなフォーメーションのメリットやデメリットを理論的に説明し、また各ポジションの選手が実際にどう動くべきか等を説明します。

この説明により、考え方が頭に入れば、それを身体に覚え込ませるために、実際にグランドでそのフォーメーションの動きを練習します。

この練習が、理論を実行に移すための練習であり、「実践練習」なのです。

ちなみに、「実践練習」と同じ読みの言葉に「実戦練習」と言う言葉があります。

こちらの「実戦練習」「実際の試合を想定して行う練習」と言う意味で、似た言葉ですが、意味は異なります。

「実践練習」の言葉の使い方や使われ方

「実践練習」の言葉は、以下の例文のように使われます。

・『サッカー部の新監督から、新たなフォーメーションの理論や各選手の動きの説明を受け、すぐに実践練習に入りました』
・『新たに職場に導入されたコンピューターシステムの説明を受け、すぐに慣れるために実戦練習を行いました』
・『プロ野球を引退した有名なバッターから、遠くに飛ばすバッティング理論を教えてもらいましが、理論が難しくて頭では理解できませんでした。しかしその後に、実践練習で個別付いて教えてもらい、ようやくポイントが理解できました』
・『彼はまだまだ営業経験が不足しています。当面は係長と一緒に得意先回りをして、実践練習を積ませる事にしました』

「実践練習」の類語や言い換え

「実践練習」の類語としては、「習得練習」「実行訓練」「修練」「実習」を挙げる事が出来ます。

まとめ

「実践練習」の読みは「じっせんれんしゅう」で、「ある理論や決まったルールや考えに基づいて練習を進めること」を意味します。

同じ読みの言葉に「実戦練習」と言う言葉がありますが、こちらの意味は、「実際の試合を想定して行う練習」と言う意味です。

すなわち同音語ですが、意味は明らかに異なります。

使い間違わないように注意が必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
新語・ネット用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典