スポンサーリンク

「実際」と「実質」の違いとは?意味や違いを分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「実際」と「実質」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ゲーム、バーチャル・リアリティ、SNSなど、現代には仮想の世界が溢れています。

その中で、人は実際の姿から離れて、なりたい自分になれます。

そして、本来の自分にはできないことも行えます。

しかし、どんな仮想世界であっても、その人の実質的な姿は変わらないことは忘れてはいけません。

それでは、ここで使われた「実際」とか「実質」という言葉はどのような意味でしょうか。

また、どう違うのでしょうか。

この記事では、「実際」「実質」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「実際」とは?

「実際」とは、「現実に存在するもの」という意味です。

別の言葉にすると、「意識や想像の中だけにあるものとは違う本当のもの」と言うこともできます。

さらに、この言葉は、現代においては、そんなに強い意味を持たない、前置きの言葉として使われることも多くなっています。

英語では、「actual」、あるいは「real」がこの意味で近い言葉だと思われます。

「実質」とは?

「実質」とは、「実の性質」、あるいは「本来備わった内容」という意味です。

言葉を変えるなら、「形式的なものや見た目だけのものではなく、本質的なもの」とも言えます。

多くの場合は「実質的」という言葉で使用されることが多い言葉です。

英語では、「substance」が近いと思われますが、「実質的には」という意味でよく使われるのは「practically」です。

「実際」と「実質」の違い

「実際」「実質」の違いを、分かりやすく解説します。

この2つの言葉は、「空想や建前、形式では無く、本当のもの」という意味では同じであり、同じようなシチュエーションで使われます。

違いを明確にするために、それぞれの対義語を比較してみましょう。

「実際」の対義語は「想像」「実質」の対義語は「形式」です。

ここから考えると、「実際」「想像したものでなく本当のもの」であり、「実質」「目に見えるものとは違う本当のもの」である、という違いが明確になってきます。

「実際」の例文

「実際」の例文は以下のようになります。

・『実際問題として、最も危険なのはプロジェクトコストが膨れ上がっていることです』
・『恐竜は、想像上の生物では無く、実際に存在が証明されています』

「実質」の例文

「実質」の例文は以下のようになります。

・『この委員会を動かしているのが、実質的には副会長であることは周知の事実です』
・『現在は、携帯の使用量が実質タダという謳い文句は禁止されています』

まとめ

この記事では、「実際」「実質」の違いを、解説してきました。

私たちの周りに溢れている、仮想世界においては、人はなりたい自分になれると勝手に思っています。

しかし、それがどんなものであっても、結局はどんな状態であろうと、自分は変わらないものです。

したがって、現実世界であろうと、仮想世界であろうと、結局は自分を強く持って生きてゆくしかないのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典