スポンサーリンク

「家出」と「失踪」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「家出」と「失踪」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「家で」「失踪」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「家出」とは?

「家出」はその漢字が示すように、家族や同居人の誰かが家から出て行くのを意味します。

行先や連絡先を伝えずに出て行くのが一般的です。

「家出」の使い方

「家出」は、家族や同居人と住む家から、自分意思で出て行く場合に使う言葉です。

一般的に、未成年が無断で居なくなると「家出」と言います。

しかし自分の意思ではなく、同居人から追い出される場合は、「家出」は不適切です。

また同居人がいない家を出たら「家出」ではなく「行方不明」と表現します。

類義語には「蒸発する」がありますが、これは成人が家を出た場合に使われます。

近年では、ちょっとした短い期間の家出を「プチ家出」と言っています。

また恋愛関係にある人と一緒に家出すると「駆け落ち」になります。

「失踪」とは?

ある人が、消息不明になり全く連絡が取れなくなることが「失踪」です。

似たような言葉に「行方不明」があります。

「失踪」は、自分の置かれた不利な状況から逃げるために、自ら消息をたつことです。

もう少し砕けた言い方では「雲がくれ」「どろんする」があります。

しかし「行方不明」は、自らの意思でいなくなったのか、それとも何らかの事件に巻き込まれたのか、どちらか分からないケースに使われます。

「失踪」の使い方

ある人が自分の不利な状況から逃げるために消息をたったら「失踪」になります。

「行方不明」とは違い、どこへ行ったのか全く証拠を残さないように、計画的に突然居なくなるのが一般的です。

良くあるのが、「借金取りに追われて失踪する」「事件を起こして失踪する」などです。

「家出」と「失踪」の違い

「家出」「失踪」は、どちらもある人と連絡が取れなくなることを意味する言葉です。

「家出」は、同居人とのトラブル、意見の違いなど家庭の問題で、家から無断で出て行く時に使う言葉です。

つまり、家出する人は必ず同居人がいます。

そして家出しても連絡だけは取り合うこともあります。

「家出した娘からメールが来た」などが例です。

同居人が居なくて消息がわからなくなった場合は、「行方不明」という表現になります。

「失踪」は、何か大きなトラブルから逃れるために、個人が消息を絶った時に使います。

この場合には、同居人の有無は関係ありません。

「失踪」した人は、行方を知られたくないため、あらゆる証拠を残さずに忽然と消えることが多いでしょう。

「家出」の例文

・『あんな親だから、あの子は家出したのだろう』

・『家出するぐらいなら、少しの間うちに来なさい』

・『私も若い頃に父親と喧嘩して、家出した経験があります。』

・『彼女は置き手紙して家出したらしい』

「失踪」の例文

・『隣の人は借金取りに追われて失踪した』

・『失踪して半年経つが、その後も行方はわからない』

・『今回の失踪事件では、多くの疑問が残されている』

・『彼女が失踪したのは、5年前のことが』

まとめ

「家出」「失踪」は、どちらも住んでいるところから出て行くことを表す言葉です。

「家出」の理由の多くは、家族や同居人とのトラブルが原因で、主に未成年が家を出た時に使います。

しかし「失踪」の理由は、深刻なトラブルが背景にあり、事件性を含むケースも少なくありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典