スポンサーリンク

「容態が急変する」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「容態が急変する」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「容態が急変する」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「容態が急変する」とは?意味

「容態が急変する」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

まず「容態」「ようだい」「ようたい」と読み、どちらで間違いではありません。

「容態」には、「一人の姿、かたち」という意味があります。

ある人の姿、かたち、また様子がどのようになっているかを表現する言葉となります。

「容態はどう?」などという使い方をして、一人の人の姿や様子を尋ねると気に使います。

一方で「急変」「急に変わる」という意味がある言葉になります。

何かが急激に変化したとき、「急変する」という言葉を使うことがあります。

例えば晴れた日に突然大雨が降りだした場合、天気が急に変わったことになります。

このような時、「天気が急変して、大雨が降りだし」などと言います。

これを踏まえて「容態が急変する」には、「一人の人の様子、姿が、急に変化した」という意味があります。

「容態が急変する」の概要

「容態が急変する」という言葉には、「一人の人の様子や姿、かたちが急に変化すること」という意味があります。

ただし、「容態が急変する」という言い回しをするときは、基本的に病気やけがをした人に対して使われることが多くなります。

患者の怪我や病気が、一定レベルを保っていたのに、急激に「悪化」する場合に使われる言葉になります。

急に様子がよくなったり、良い変化をした場合は、「容態が急変する」という言葉は使わないため注意しましょう。

このように、「容態が急変する」という言葉は、病気や怪我をしてしまった人の、バイタルサインなどが急激に悪化して、命の危機を迎えるような意味が含まれています。

「容態が急変する」の言葉の使い方や使われ方

「容態が急変する」という言葉は、基本的に病院などの医療施設で使われることが多く、病気をした人や怪我をした人の体調、病状などが「悪化」するときに使われることが多くなります。

例えば、救急車で病院に運び込まれた人が手術を受けることによって、一命をとりとめたものの、その日の夜に、バイタルサインが急に悪い方向に変化することがあります。

このような時、「患者の容態が急変しました!」などと、看護師が医師に伝えるかもしれません。

また、その結果、救命措置などをして命が助かった場合は、「容態が急変したが、何とか命をつなぎ留められた」などと医師が言うかもしれません。

「容態が急変する」の類語や言いかえ

「容態が急変する」の類語として、「病状が急変する」という言葉があります。

「病気の状態が、急に変わる」という意味があります。

また「病状が急変する」という言葉を使うときも、病気の状態が「悪化」するときにのみ使うという特徴があります。

「病状が急変し、完治が難しくなってしまった」などという使い方をします。

まとめ

「容態が急変する」という言葉についてみてきました。

病院などで使用されて、病気の状態が悪くなる時に使う言葉だと覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典