スポンサーリンク

「専業主婦」と「ひきこもり」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「専業主婦」と「ひきこもり」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「専業主婦」「ひきこもり」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「専業主婦」とは?

「専業主婦」の意味と使い方について紹介します。

「専業主婦」の意味

「専業主婦」「専業主婦」と読みます。

意味は「結婚後に就職をせず、家庭内で育児と家事に専念する女性のこと」です。

「専業主婦」の使い方

「専業主婦」は、結婚後に就職などの賃金が発生する労働をせず、家庭内で育児と家事に専念する女性のことを言います。

様々な生活スタイルがありますが、基本となるのは「賃金が発生する労働をしない」という点で、収入は夫のみになります。

以前は「専業主婦」と言えば「楽している」「怠けている」と言われていましたが、現在では主婦の家事・育児労働が見直され、「専業主婦も立派な労働」と言われる様になってきています。

なお、最近では男性が家を守り女性が外で働く「専業主夫」、パートと家事を両立させる「パート主婦」と言う言葉も使われています。

「ひきこもり」とは?

「ひきこもり」の意味と使い方について紹介します。

「ひきこもり」の意味

「ひきこもり」は、「仕事や学校に行かず、家族以外の人とほとんど接することなく、6月以上続けて自宅にいる状態」という意味です。

「ひきこもり」の使い方

「ひきこもり」は、自らの意思で仕事や学校に行かずに、家族以外の人とほとんど接することなく、6カ月以上に渡って自宅に居続ける状態のことを言います。

他人との関わりを避ければ、買い物やドライブなどの外出が可能な人もいます。

「ひきこもり」はある状態のことを表し、その要因は様々で、ストレスによることもあれば、精神的な疾患によるものこともあります。

「専業主婦」と「ひきこもり」の違い!

「専業主婦」「結婚後に就職をせず、家庭内で育児と家事に専念する女性のこと」です。

「ひきこもり」「仕事や学校に行かず、家族以外の人とほとんど接することなく、6月以上続けて自宅にいる状態」です。

まとめ

今回は「専業主婦」「ひきこもり」の違いをお伝えしました。

「専業主婦は家事と育児に専念する主婦」「ひきこもりは自宅から出てこない人」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典