スポンサーリンク

「専願」と「併願」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「専願」と「併願」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

受験に関係する用語に「専願」「併願」という言葉があります。

進学、特に私立校への進学を考ええているからには大きく関わる言葉ですが具体的にはどのような意味があるのでしょうか。

今回は、「専願」「併願」の違いについて解説します。

スポンサーリンク

「専願」とは?

「専願」とは「合格したらその学校に入学することを前提に一校のみに絞って私立校を受験すること」という言葉です。

受験システムは地域によって違いがあるため「専願」という言葉も微妙に異なる意味合いで使われていますが、一般的には「第一志望の学校のみを受験すること」という意味で使われています。

その学校のみを受験し他の学校は受験しないため受け入れる学校側にとっては入学する可能性が高い有力な受験生となります。

いわゆる滑り止めが存在しないためリスクは高いですが「専願」で願書を提出した受験生に対しては内心や入試などの合格点が引き下げられるという大きなメリットがあります。

「他の学校を受けないかわりに合格しやすくなる」ことからどうしても入学したい私立学校があるときやレベルの高い学校を受けたいが学力に不安があるときなどに選ばれる出願方法です。

地域によっては第一志望で受験することを「専願」と呼び他の学校の受験を認めているところもあります。

そのような地域では他地域における「専願」のことを「単願」と呼び区別しています。

「専願」の使い方

・熟慮した結果、専願で受験することに決めた。

・レベルは高いが専願なら合格も夢ではない。

・行きたかった高校に専願で受験を申し込む。

・専願だからといって入試を甘く見てはいけない。

「併願」とは?

「併願」とは「複数の学校を受験すること」という意味の言葉です。

受験では行きたい本命の学校の他に万が一不合格になったときに備えて合格する確率の高い別の学校も受験することは珍しくありません。

そのような複数の学校を受験する際の出願方法が「併願」です。

「併願」は制度として全国に設けられていますが各地域によって意味合いが微妙に異なります。

「ひとつの公立校とひとつの私立校を受験する」「複数の私立校を受験する」「公立校と私立校をそれぞれ複数受験する」などこれら全て「併願」と呼ばれ、地域によって利用できる制度や出願方法は異なります。

「併願」の使い方

・本命と滑り止めを併願で受験する。

・三者面談で併願での受験を勧められた。

・併願なので学校ごとに受験対策しなくてはいけない。

・この地域では併願で高校を受験する学生が多い。

「専願」と「併願」の違い

「専願」「併願」の違いは「第一志望のみかどうか」です。

「専願」では第一志望の学校のみを受験します。

一校しか受験しないのでリスクは大きいですが有利な合格ラインが適用されます。

「併願」では複数の学校を受験します。

滑り止めや記念受験など第一志望以外の学校も受験できるほか、公立と私立など条件の異なる学校を受験することも含まれます。

受験先をひとつに絞るのが「専願」絞らないのが「併願」です。

まとめ

「専願」「併願」は受験に深く関わる重要な要素です。

最終目標である合格にも強く影響するのでそれぞれのシステムやメリット、デメリットを詳しく調べて受験に備えましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典