「尊い」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「尊い」

尊いという言葉は「とうとい」と読みますが、「たっとい」と読むこともあります。

地位や身分が極めて高いこと、高貴である事を指す場合もありますし、非常に価値があることや貴重であることを指す場合もあります。

敬うべき状況である事を指している可能性もあります。

「尊い」の意味

一般的に尊いと言われたら、それは敬うべき状況であること、あるいは価値が高いことを指していることが多いです。

例えば「尊いお坊様」という言い方をすることもできますし、「尊い教訓があった」という言い方も可能です。

「尊い」の言葉の使い方

尊いという表現は昔から存在すると言われており、万葉集にもこの言葉が残されています。

そんな尊いという表現は古事記においても使われており、日本人独特の意識を表しているとも言えるでしょう。

日常的に使う表現ではありませんが、小説などの文語体においてはよく使われる言葉です。

「尊い」を使った例文・短文(解釈)

それならば、尊いという表現は一体どのように使ったらよいのでしょうか。

ここでは尊いという言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「尊い」の例文1

「天皇は日本国民にとってとても尊い存在である」

第二次世界大戦が終わるまで、天皇は神として扱われていました。

しかし第二次世界大戦が終わって天皇が人間宣言をしたことにより、天皇は神ではなくて人間になったのです。

日本国憲法は天皇を象徴的存在と認めました。

政治的な権力は一切持たず、日本国民の象徴として様々な公務を行っています。

災害が起こったときなどは天皇皇后両陛下が被災地に赴き、被災者を勇気づける姿などがいつも放送されていますよね。

「尊い」の例文2

「赤ちゃんは本当に可愛くて尊い存在だよ」

生まれたばかりの新生児は本当に小さくて可愛らしいものです。

しかし、小さいからといってないがしろにしても良いというものではなく、小さい人間なのにも関わらず、人権を持ち、非常に尊い存在として一生懸命大きくなっているのです。

そもそもお母さんのおなかの中で10ヶ月過ごすわけですが、それ自体が尊い神秘ですよね。

今ほど科学技術が発達しても、胎児にとってお母さんのおなかの中ほど居心地の良い場所はありません。

そして今の医学技術をもってしても、お母さんのおなかの中と同等の環境を作る事はできないのです。

赤ちゃんが生まれてくる過程というのは非常に尊いものであり、その赤ちゃんも非常に尊い存在だと言えるのです。

小さいからといって彼が持つ権利を持っていないわけではありません。

そして、小さい赤ちゃんもきっとすぐに大きくなってしまいますよ。

「尊い」の例文3

「マザーテレサはどんな人も尊い人間だと信じ、すべての人が平等に扱った」

カルカッタで神の愛の宣教者たちの会を作り上げ、貧しい人の中でも最も貧しい人の為に尽くしたマザーテレサは世界的にも有名であり、ノーベル平和賞を受賞した人物でもあります。

彼女は路上で生活している人たちも尊い存在だと信じていました。

誰にも振り向いてもらえることがないような人であっても愛される権利があると考え、全ての人を平等に愛したのです。

「尊い」の例文4

「父母は本当に尊い存在だから、しっかりと敬わなければいけない」

日本文化は年長者を大切にする習慣があります。

そしてその中でも自分の両親は非常に重要な存在であり、両親の事はしっかりと尊重しなければいけない、尊敬しなければいけない、と考えられています。

もともと第二次世界大戦前までは両親を殺害するとそれだけで例外なしに死刑になるという法律があったことなのです。

最近はそのような法律にも変化がありましたが、それでも年長者を大切にするという文化をしっかりと尊重し、両親のことを大切にしていきたいものです。

「尊い」

尊いという言葉は「とうとい」と読みますが、「たっとい」と読むこともあります。

地位や身分が極めて高いこと、高貴である事を指す場合もありますし、非常に価値があることや貴重であることを指す場合もあります。

敬うべき状況である事を指している可能性もあります。

「尊い」の意味

一般的に尊いと言われたら、それは敬うべき状況であること、あるいは価値が高いことを指していることが多いです。

例えば「尊いお坊様」という言い方をすることもできますし、「尊い教訓があった」という言い方も可能です。

「尊い」の言葉の使い方

尊いという表現は昔から存在すると言われており、万葉集にもこの言葉が残されています。

そんな尊いという表現は古事記においても使われており、日本人独特の意識を表しているとも言えるでしょう。

日常的に使う表現ではありませんが、小説などの文語体においてはよく使われる言葉です。

「尊い」を使った例文・短文(解釈)

それならば、尊いという表現は一体どのように使ったらよいのでしょうか。

ここでは尊いという言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「尊い」の例文1

「天皇は日本国民にとってとても尊い存在である」

第二次世界大戦が終わるまで、天皇は神として扱われていました。

しかし第二次世界大戦が終わって天皇が人間宣言をしたことにより、天皇は神ではなくて人間になったのです。

日本国憲法は天皇を象徴的存在と認めました。

政治的な権力は一切持たず、日本国民の象徴として様々な公務を行っています。

災害が起こったときなどは天皇皇后両陛下が被災地に赴き、被災者を勇気づける姿などがいつも放送されていますよね。

「尊い」の例文2

「赤ちゃんは本当に可愛くて尊い存在だよ」

生まれたばかりの新生児は本当に小さくて可愛らしいものです。

しかし、小さいからといってないがしろにしても良いというものではなく、小さい人間なのにも関わらず、人権を持ち、非常に尊い存在として一生懸命大きくなっているのです。

そもそもお母さんのおなかの中で10ヶ月過ごすわけですが、それ自体が尊い神秘ですよね。

今ほど科学技術が発達しても、胎児にとってお母さんのおなかの中ほど居心地の良い場所はありません。

そして今の医学技術をもってしても、お母さんのおなかの中と同等の環境を作る事はできないのです。

赤ちゃんが生まれてくる過程というのは非常に尊いものであり、その赤ちゃんも非常に尊い存在だと言えるのです。

小さいからといって彼が持つ権利を持っていないわけではありません。

そして、小さい赤ちゃんもきっとすぐに大きくなってしまいますよ。

「尊い」の例文3

「マザーテレサはどんな人も尊い人間だと信じ、すべての人が平等に扱った」

カルカッタで神の愛の宣教者たちの会を作り上げ、貧しい人の中でも最も貧しい人の為に尽くしたマザーテレサは世界的にも有名であり、ノーベル平和賞を受賞した人物でもあります。

彼女は路上で生活している人たちも尊い存在だと信じていました。

誰にも振り向いてもらえることがないような人であっても愛される権利があると考え、全ての人を平等に愛したのです。

「尊い」の例文4

「父母は本当に尊い存在だから、しっかりと敬わなければいけない」

日本文化は年長者を大切にする習慣があります。

そしてその中でも自分の両親は非常に重要な存在であり、両親の事はしっかりと尊重しなければいけない、尊敬しなければいけない、と考えられています。

もともと第二次世界大戦前までは両親を殺害するとそれだけで例外なしに死刑になるという法律があったことなのです。

最近はそのような法律にも変化がありましたが、それでも年長者を大切にするという文化をしっかりと尊重し、両親のことを大切にしていきたいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典