スポンサーリンク

「尊ぶ」と「敬う」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「尊ぶ」と「敬う」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「尊ぶ」「敬う」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「尊ぶ」とは?

「尊ぶ」には、「尊敬」「尊」が用いられています。

「尊ぶ」は、「尊敬する」とも言い換えることができ、価値のあるものとして重んじることや尊いものとしてあがめるといった意味があります。

「尊ぶ」の場合、人の気持ちや意志、神様について、自然現象についてなど、実際に目で見て確かめることが難しいものに対し、その存在を認め大切にするといった意味があります。

「尊ぶ」は、「尊敬する」と言い換えることができるほか、「敬意を払う」「尊崇する」「大切にする」「リスペクトする」などといった類語があります。

また、英語で「尊ぶ」「Honor」です。

「尊ぶ」の使い方

「尊ぶ」の場合、「神を尊ぶ」「祖先を尊ぶ」「先生を尊ぶ」などといった使い方となります。

「敬う」とは?

対象となる人物を自分よりも上の位だと位置づけ礼を尽くす振る舞いを行うことを「敬う」と言います。

「敬う」は、「尊敬する」という意味と同じで、相手のことを大切な人だと位置づけ大切にすることを意味する言葉です。

「敬う」「尊敬する」と言い換えることができるほか、「慕う」「敬愛する」「仰ぎ見る」「敬する」などといった類語があります。

また、英語で「敬う」「respect」です。

「敬う」の使い方

「敬う」の場合、「老人を敬う」「恩師を敬う」「両親を敬う」「敬う気持ち」「敬う習慣」などといった使い方があります。

「尊ぶ」と「敬う」の違い

大切に思う、あがめる、といった意味では同じような意味となる「尊ぶ」「敬う」ですが、その対象となるものが少し異なります。

「尊ぶ」の場合、目に見えない自然現象や神、人の気持ちなどに用いられる言葉で、「敬う」の場合は、実際に存在する、存在した、人に対し用いられる言葉となります。

「尊ぶ」の場合、目に見えないものであっても、そのことを認め大切にする行為を意味し、「敬う」の場合は、その人を自分よりも上の地位だと認め大切にする。

そのような違いが「尊ぶ」「敬う」にはあります。

「尊ぶ」の例文

・『子供の頃から、先祖を尊ぶ気持ちが大切だと父から言われ育ちました』
・『親に周りの人を尊ぶ気持ちだけは忘れてはいけないと教わりました』
・『なによりも命を尊ぶべきです』
・『親を尊ぶことの大切さを今になって気付きました』

「敬う」の例文

・『一人で私を育ててくれた母を敬う気持ちとして、毎年、母の誕生日を祝っています』
・『相手を敬う気持ちがあれば、そのような言動はなかったことでしょう』
・『両親に代わり育ててくれた祖父母を敬う気持ちだけは忘れてはいけないと思っています』
・『日本では、年長者を敬う文化が今でも残っています』

まとめ

同じ大切にする気持ち、行為であっても、対象となるものを踏まえ「尊ぶ」「敬うを使い分けることで、より明確な使い分けを行うことが可能です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
スポンサーリンク
意味解説辞典