「尊厳」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「尊厳」

尊厳とは「そんげん」と読み、尊く厳かで犯してはならないことや気高く威厳があることを指しています。

例えば日本国憲法には個人の宣言が明記されています。

日本においては基本的人権、そして平等権が個人の尊厳のために必要だと法的に認められているのです。

「尊厳」の意味

尊厳という言葉は法律の世界でよく使われる表現ですが、日常的な会話で使われる事はあまりないかもしれません。

日本国憲法においては「個人の尊厳と両性の本質的平等」が制定されており、今の日本人の生活を支えていると言えるでしょう。

「尊厳」の言葉の使い方

先ほども述べた通り、尊厳という言葉は主に個人の尊厳といった形で使われています。

個人の尊厳というのは個々人が持つ価値のことを指しており、個人は生まれながらにして平等、犯せない固有の権利と価値を持つ、といったことを個人の尊厳だと考えています。

「尊厳」を使った例文・短文(解釈)

尊厳という言葉を使うとどのような文章ができあがるのでしょうか。

ここでは尊厳という言葉を使った例文をいくつか紹介します。

「尊厳」の例文1

「最後には尊厳のある死に方をしたい」

最近では安楽死や脳死など、従来にはなかった死に対する考え方への関心が高まっています。

最後は尊厳のある死に方をしたい、チューブに繋がれて死ぬのではなく、人間として尊厳が守られた状態で旅立ちたい、と考える人が増えていると言われています。

まだまだ患者に対してどのように接するかということに倫理的な規定があり、患者の思い通りにはいかないという現状がありますが、それでも尊厳がある生き方、死に方、というのは大切なのかもしれません。

「尊厳」の例文2

「世界にはトイレの扉がないこともあるらしい。 それって人間の尊厳に関わらない?」

日本のトイレは世界的にきれいだと言われています。

しかしその一方で海外に行った時、その国のトイレ事情にショックを受ける日本人は少なくありません。

国によっては地面に穴が掘られているだけであったり、扉がなかったり、ということもあります。

そのような国に日本人がいた時、これって人間の尊厳に関わるのではないか、という抵抗に見舞われてトイレが使えないということがあるのです。

もしも日本人が外国に行ったら、ホテルやショッピングモールにあるトイレを利用すると良いでしょう。

「尊厳」の例文3

「日本では個人の尊厳が認められているけれど、国によってはそんなものは存在しない」

日本では日本国憲法によって個人の尊厳が当たり前のように認められています。

しかし海外に行くとこのような基本的人権子が存在しないということもないわけではありません。

そのため個人の尊厳が認められることがなく、政府の圧力に潰されてしまっている人も存在するのです。

また、国によっては女性たちに特に権利が認められておらず、女性たちは男性の思い通りに生活しなければいけないという国もあります。

私たちは個人の尊厳がある日本の恩恵を忘れてはいけません。

「尊厳」の例文4

「彼女は最後の最後まで尊厳を持った生き方をした」

生きていると、中には醜いことをしてでも自分の利益を追求してしまうことがあるのではないでしょうか。

しかし、そのような事は尊厳に反します。

たとえ自分が損をしたとしても、人道に沿った正しい行動が出来るような人間でありたいものです。

人として正しい道を歩めるという事は尊厳を持って生活できているということになるのです。

困難に陥るとそのようなこと自体がなかなか難しいかもしれませんが、人として正しい道がどれなのか、絶対に忘れてはいけません。

尊厳を持って生きると確かに損をすることもあるかもしれませんが、自分の言動に誇りを持つことも大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典