スポンサーリンク

「尊敬」と「好き」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「尊敬」と「好き」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「尊敬」「好き」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「尊敬」とは?

「尊敬」の意味と使い方について紹介します。

「尊敬」の意味

「尊敬」「そんけい」と読みます。

意味は、「その人の人格や行為などを優れていて価値があると思い、自分より高い存在として接すること」「文法で尊敬語のこと、聞き手や話題に出ている人の動作や存在を高める表現」です。

「尊敬」の使い方

「尊敬」には以下の2つの意味と使い方があります。

1つ目は、「その人の人格や行為などを、優れている、価値があると認め、常に自分より高い存在として接すること」という意味で、「尊敬する先輩と話ができた」などと言います。

相手に対してうやまう気持ちはあるのですが、異性としての好意ではなく、何をしても相手のことが気になってしまったり、他の異性と親しげにしていると嫉妬するなどの感情はありません。

2つ目は「文法で尊敬語のこと」で、「いらっしゃる」「おっしゃる」など、普段とは違い相手を高める為に使われる表現のことです。

「好き」とは?

「好き」の意味と使い方について紹介します。

「好き」の意味

「好き」「すき」と読みます。

意味は「心がひかれること」「気に入ること」「そのことにこだわっていること」「自分の思うままにふるまうこと」です。

「好き」の使い方

「好き」には以下の4つの意味と使い方があります。

1つ目は「心がひかれること」という意味で、「好きな人ができる」などと言います。

こちらは人に対して使われる言葉で、相手に対して恋愛感情を持ち、「会いたくて仕方がない」「会うとドキドキする」「相手と付き合いたい」などと思う時の表現です。

2つ目は「気に入ること」という意味で、「花が好き」などと言います。

こちらは、恋愛感情なしで人や物に対して親しみを持つ時に使われます。

3つ目は「あることにこだわる様子」という意味で、「物好き」などと使われます。

4つ目は「自分の思うままふるまうこと」という意味で、「好きなだけ選ぶ」などと言います。

上記に共通するのは「自分が良いと思って選ぶ」という点です。

「尊敬」と「好き」の違い!

「尊敬」「相手を敬い、自分より高い存在として接すること」です。

「好き」「心を引かれるなど感情的に良いと思うこと」です。

まとめ

今回は「尊敬」「好き」の違いをお伝えしました。

「尊敬は相手を高い存在と思うこと」「好きは相手にひかれること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典