「尊敬」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「尊敬」

尊敬という言葉は「そんけい」と読み、日常会話でも使われますし、ビジネスシーンでも非常に重要な表現となります。

他の人の人格や行為を価値高いものとして認め、頭を下げる、あるいはついていきたいと感じるような気持ちになること、敬うこと、という意味を持っています。

「尊敬」の意味

その人の業績や行為、人格などを優れたものとして捉えること、その人を敬うこと、を指しています。

あるいは、文法上、尊敬語として利用することもあります。

尊敬語というのは聞き手や話題の主、その動作や状態などを尊敬して述べる表現であり、敬語の1つです。

敬語には尊敬語以外に丁寧語、謙譲語があります。

「尊敬」の言葉の使い方

尊敬という表現はカジュアルな文脈でも使うことができますし真剣なビジネスシーンなどでも使うことができます。

人に対して感謝の念を表したい時や人の好意を高いものだと認めるときなどに使うことができる表現ですから、ぜひ覚えておきたいものです。

「尊敬」を使った例文・短文(解釈)

それならば、尊敬という表現を使った例文にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは尊敬という言葉の例文をいくつか紹介します。

「尊敬」の例文1

「マザーテレサは常に貧しい人のことを考えてきた、本当に世界中から尊敬されている人だ」

マザーテレサという人はユーゴスラビア出身ですが、最終的にインドのカルカッタで貧しい人のために支えたカトリックの修道女です。

もともと貧しい人の中でも最も貧しい人のために使いたい、と考えていた彼女は、家族の反対を押しきってヨーロッパのユーゴスラビアからアジアのインドに向かいました。

そこで現地の言葉を学び、神の愛の宣教者たちという会を立ち上げて人々を助けるようになったのです。

自分は必要とされていないと考える人たちを世界で最も貧しい人だと考え、見放された人たちに愛を届けていたのです。

「尊敬」の例文2

「尊敬できる人に大統領になってほしいよね」

特にアメリカの大統領選等は世界に大きな影響を与えます。

大統領になるからには、やはり誰からも尊敬されるような人物を選びたいと思いますよね。

アメリカの歴史において最も尊敬されている大統領はジョージ・ワシントン、トマス・ジェファーソン、エイブラハム・リンカーン、セオドア・ローズベルトと言われています。

アメリカにあるラシュモア山という場所にはこの4人の顔が刻まれています。

「尊敬」の例文3

「アメリカにおいて、キング牧師は非常に尊敬されている」

1863年の南北戦争の最中、リンカン大統領は奴隷解放宣言を出しました。

そしてその100年後、ワシントンでは黒人のキング牧師が行進を行い、「私には自由がある」という演説をしたのです。

彼の演説は黒人に大きな勇気を与え、白人に対する黒人への目線を大きく変えることに成功しました。

いまだに黒人差別は残っていますが、それでもキング牧師はアメリカの歴史に残る、誰からも尊敬される人物だと言えるでしょう。

「尊敬」の例文4

「そんなことをしていたら誰からも尊敬されないよ」

高く評価されたいという意思がなかったとしても、周りからきちんと認められる行動をするということが非常に大切です。

その一方で、どうしても周りを馬鹿にしてしまったり、自分のことばかりを考えた行動をしてしまったり、誰からも尊敬されない人は確かに存在するものです。

それでは非常にもったいないですよね。

人から尊敬されるような人間になりたいものです。

そのためには他人のことも考えて行動出来るように、人のことを考えた発言ができるように、心がける必要があります。

また、周りの迷惑にならないように気をつけることも必要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典