スポンサーリンク

「小説」と「漫画」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「小説」と「漫画」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「小説」「漫画」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「小説」とは?

「小説」とは、文学の一つの形式で、作者が自由な方法、スタイルで不特定多数の読者を対象として、「人間」「社会」を描く様式のことを言います。

「小説」には、日常的な生活、恋愛、不倫、推理、恐怖、ファンタジーなど様々なジャンルがあります。

挿絵など多数入っている作品、全くない作品とありますが、基本的に「文章」だけで理解できるようになっています。

「小説」を書いている人、またそれが仕事になっている人のことを「小説家」と言います。

「漫画」とは?

「漫画」とは、絵、または絵とセリフによって表現される物語のことを言います。

「漫画」は四コマ漫画、少年漫画、成年漫画、少女漫画、女性向け漫画、恐怖漫画、学習漫画など、複数のジャンルがあります。

「漫画」だからどれでも面白いというわけではなく、人によっては嫌悪感を示すジャンルもありますし、特に子供に読ませるには適切でない漫画も多数ありますので、周囲にいる大人が良識を持って選ぶべきでしょう。

「小説」と「漫画」の違い!

「小説」「漫画」の違いを、分かりやすく解説します。

「小説」とは、自由な方法、スタイルで人間、社会などを文章で描くものを言います。

ライトノベルなど比較的、挿絵が多く使われているものもありますが、基本的には挿絵がなくても、話の筋は「文章のみ」でわかります。

これが「漫画」「小説」の一番の違いとなります。

「漫画」の場合は、「絵」のみ、または「絵とセリフ」で表現される物語のことを言います。

「漫画」の場合、四コマ漫画、風刺画といったようにすぐに見終わる分量のものから、100巻以上といった大作までありますが、どれも「漫画」という言葉で言い表すことができます。

「小説」の場合、あまりにも短い文章になりますと「小説」ではなく「詩」というジャンルになることもありますので注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「小説」「漫画」二つの言葉の意味と違いを説明しました。

それぞれの言葉の意味を理解して、混同しないように気をつけてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典