スポンサーリンク

「島」と「大陸」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「島」と「大陸」の違いとは?違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「島」「大陸」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「島」とは?

「島」は、「大陸」よりも小さな陸地を指します。

「大陸」よりも小さな陸地とは、つまり、オーストラリア大陸よりも小さな陸地となります。

世界で一番大きな面積を持つ「島」は、デンマーク王国自治領のグリーンランドで、その面積は217万平方キロメートル。

世界ダントツの面積を持つ島で唯一100平方キロメートルを超える「島」となります。

この広さは、サウジアラビアの面積に匹敵するほどの大きさです。

日本の国土と比較しても約6倍もの広さとなります。

そのことからもわかるように、日本も島国と言われるように「島」にあたります。

日本の場合、いくつもの「島」で形成されており、本州に加え、北海道、四国、九州、沖縄と合計5つの「島」によって日本が成り立っています。

もちろん、これら以外も淡路島や佐渡島など、様々な「島」を所有する日本です。

「大陸」とは?

「大陸」は、周りを海で囲まれた陸地を意味します。

そのうえで、「大陸」と呼ぶことができるのは、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、オーストラリア大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、南極大陸の6つです。

この中でも最も面積が小さい「大陸」は、オーストラリア大陸で、その面積は768万6850平方キロメートルです。

そのため、このオーストラリア大陸の面積が「大陸」と呼べる最小の大きさとなり、この面積以上の陸地が「大陸」となります。

また、「大陸」の数え方は、国それぞれで異なることも多く、南極大陸を数えない5つの「大陸」パターンや北アメリカ大陸と南アメリカ大陸を1つの「大陸」とするパターンなどがあります。

「島」と「大陸」の違い

「島」「大陸」は、全く別物です。

「大陸」と言えることができるのは、ユーラシア大陸、アフリカ大陸、オーストラリア大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、南極大陸の6つのみです。

これらの陸地以外は「大陸」ではありません。

そのため、これら6つの「大陸」の中でも最も小さな面積を持つオーストラリア大陸が「大陸」「島」の境界となり、オーストラリア大陸の面積以下の陸地はすべて「島」となります。

そして、「島」の中でも、最も大きな面積を持つのがグリーンランドとなります。

このことから、「大陸」「島」の境界線は、オーストラリア大陸とグリーンランドということになります。

地球上に「大陸」は6つしか存在しないのに対し「島」は無数に存在します。

日本だけでも7000もの「島」を保有しているほどです。

このような数の違いも「大陸」「島」の大きな違いです。

まとめ

以上が「島」「大陸」の違いです。

まとめると、「大陸」は地球上に6つのみとなり、それら以外の陸地はすべて「島」となります。

その「島」の中で、最も大きな「島」がグリーンランドで、日本も、そんな「島」のひとつであるということになります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典