スポンサーリンク

「工事請負業者」と「工事施工業者」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「工事請負業者」と「工事施工業者」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「工事請負業者」「工事施工業者」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「工事請負業者」とは?

「工事請負業者」とは、「依頼者(クライエント)と工事について実際に契約した会社」のことです。

「工事請負業者」は工事施工業者に工事の担当を任せる場合には「親会社」の立場になり、「依頼者と契約はするが、自社で工事までするとは限らない会社」ということになります。

「工事施工業者」とは?

「工事施工業者」とは、「工事請負業者(親会社)の下請け・子会社などで、実際の工事を引き受けて担当する会社」のことです。

「工事施工業者」というのは、依頼者(クライエント)と直接の交渉・契約をする会社ではなくて、「物理的な工事の部分」だけを引き受けて施工する会社になります。

「工事請負業者」と「工事施工業者」の違い!

「工事請負業者」「工事施工業者」の違いを、分かりやすく解説します。

「工事請負業者」「工事施工業者」はどちらも「依頼者(クライアント)が注文してきた工事の遂行に関わる会社」ですが、「工事請負業者」とは「工事について依頼者(クライアント)と直接的に契約した会社」のことです。

「工事請負業者」に対して「工事施工業者」というのは、「工事請負業者からの依頼を受けて実際の工事を担当して実行する会社」のことを意味している違いがあります。

「工事請負業者」「親会社・依頼者と直接契約する会社」であり、「工事施工業者」「子会社・下請け(孫請け)として実際の工事をする会社」である違いを指摘できます。

まとめ

「工事請負業者」「工事施工業者」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「工事請負業者」とは「依頼者と工事について実際に契約した会社・契約はしたが自社が工事をするとは限らない会社」を意味していて、「工事施工業者」「工事請負業者の下請けなどで、実際の工事を引き受けて施工する会社」を意味している違いがあります。

「工事請負業者」「工事施工業者」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典