「工具」と「道具」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「工具」と「道具」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「工具」「道具」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「工具」とは?

「工具」は、工作の道具のこと、特に機械工作に用いる刃物類を指しています。

ドライバは、ねじを締めたり緩めたりするための「工具」です。

プラスとマイナスがあります。

スパナは、ボルトやナットを締めたり緩めたりするための「工具」です。

ペンチは、ものを挟む、つかむ、線材を切るなど、さまざまな用途を持っている「工具」です。

細かい作業をするときに役立ちます。

この他にも、モンチレンチ、めがねレンチ、ニッパ、プライヤなどの「工具」があります。

「道具」とは?

「道具」には、いくつかの意味がありますが、日常的に使われる意味は2つです。

一つは、物を作ったり、何かをしたりするために用いる器具の総称です。

この意味の「道具」には、農具、釣り具、文具、調理器具、船具など、さまざまな種類があります。

もう一つは、他の目的のために利用されるもの、他人に利用される人のことです。

「工具」と「道具」の違い

「道具」には、物を作ったり、何かをしたりするために用いる器具の総称という意味があり、「工具」「道具」の一種です。

「工具」「道具」の中でも、特に機械工作に用いるものを指します。

まとめ

「道具」は物を作るために用いる器具の総称であり、さまざまな「道具」があります。

「道具」の一種が「工具」です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典