「左官」と「塗装」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「左官」と「塗装」の違いビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「左官」「塗装」の違いを分かりやすく説明していきます。

「左官」とは?

「左官(さかん)」とは、「土・モルタル・漆喰・プラスターなどの壁材を、主にコテを使用して壁に塗りつけながら仕上げていく技術的熟練を要する職業・職人」のことを意味しています。

「左官」というのは、「コテを適切に使用し、建物の壁をモルタル・漆喰などの壁材で何度も塗りつけて仕上げていく熟練の職人やその仕事」のことなのです。

一人前の「左官」になるまでには約5~7年以上の修行・経験が必要とされますが、熟練の「左官」「波模様・ストライプ柄などのデザイン」を綺麗に作ることができます。

「塗装」とは?

「塗装(とそう)」とは、「ペンキなどの塗料・塗材をローラーで塗ったり、スプレーガンで吹き付けて塗ったりすること」を意味しています。

「塗装」する方法は大きく、スポンジローラーやウールローラーを使用して塗る「ローラー工法」とスプレーガンを使用して塗料を吹き付ける「吹き付け工法」に分けることができます。

「塗装」には、使用する塗料の特性によって「紫外線・雨風・暑さ寒さの温度変化・サビ」などから住宅(建物)を防御してくれる効果に期待できます。

「左官」と「塗装」の違い!

「左官」「塗装」の違いを、分かりやすく解説します。

「左官」「塗装」「住宅・建築物の壁を塗る仕事や職業」という点では類似していますが、「壁を塗るための道具や工法・塗った壁の特徴や性質」に違いがあります。

「左官」「土・モルタル・漆喰・プラスターなどの壁材を、主にコテの道具を使って壁に塗りつけながら仕上げていく熟練度を必要とする職業・職人」を意味しています。

「左官」に対して「塗装」のほうは「壁材ではなくペンキの塗料を使い、ローラー工法や吹き付け工法で壁を塗ること」を意味している違いがあります。

また、「左官」は一人前の職人になるまで5~7年以上はかかりますが、「塗装」はローラーやスプレーガンの道具を使いこなせれば良いので、「左官」ほどの長期の熟練度を必要としない違いも指摘できます。

まとめ

「左官」「塗装」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「左官」とは「土・モルタル・漆喰などの壁材を、主にコテを使用して壁に塗りつけながら綺麗に仕上げる職業・職人」を意味していて、「塗装」「ペンキなどの塗料・塗材を、ローラー工法で塗ったり吹き付け工法で吹き付けたりすること」を意味している違いがあります。

「左官」「塗装」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典