スポンサーリンク

「差異が生じる」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「差異が生じる」とは?意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「差異が生じる」の意味を分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「差異が生じる」とは?意味

「差異が生じる」の差異は、他のものと異なる点、モノ同士の違いや差を指す意味となっており、それが生じているということになるため、もともとは同じ、又は非常に近い立ち位置にあったものから違いが発生して行くという意味合いになります。

違いの度合いに関しては、新しくある物事や状態が発生するという意味合いを持つ「生じる」ということから極端に大きな段階ではないとも考えられますが、人の考え方のように突然大きく変わる事もありえるため、幅広い概念になるといえるでしょう。

言葉が入れ替わった「生じる差異」は全く同じ意味の言葉です。

「差異が生じる」の概要

差異が生じるという状況はふたつ以上のものがあることで発生する考え方です。

自分と他人、考え方の過去と現在、現在と未来、投手と捕手、力士と親方、社員と上司など、敵味方の関係ではなく、同一組織や同一人物の状況をイメージするとわかりやすいでしょう。

また、ひとつの会社内でも開発と営業の考え方に差異が生じるということはあり得ることで、これも同一組織からのふたつの概念とみなしていいでしょう。

この概念は人間や動物、人間による組織など、意思のある存在だけでなく、一つだったけどふたつに割れてしまった大きな氷では「動きに差異が生じる」ことがあります。

また、機械であればエンジンと変速機の関係で一速と二速、それ以降の段階では加速力に「差異が生じる」と言えるでしょう。

「差異が生じる」の言葉の使い方や使われ方

エレベーターはひとつで、乗る人数の状況によるふたつ以上が対象の「エレベーターに乗る人数によって、上の階に進むスピードにわずかに差異が生じる」、写真と実物のふたつを対象とした「写真と実物では色の見え方に差異が生じることがあります」多人数と前後の関係を持っている「新しい監督の発言からチームのメンバーひとりひとりの考え方に差異が生じる」などの使い方があります。

程度に合わせて「大きな差異が生じる」「小さな(わずかな)差異が生じる」などの使い分けができます。

また、小さな原因やきっかけから大きな差異が生じるという文章にこの言葉はよく使われます。

差異が生じるという言葉自体はネガティブでもポジティブでも使える言葉ではありますが、実際の使われ方はややネガティブな結果(選手一人一人の考え方に差異が生じる様になり最終的にチームに亀裂が発生した)などのような使われ方が多く見られます。

また、過去を振り返って小さな差異が生じるところをキーポイントにした文章も多くなっています。

「差異が生じる」の類語や言いかえ

差異が生じるに近い言葉としては、「違いとして現れる」「違いが生まれる」など言い換えレベルの言葉から、「変化が生まれる」「互いが変わりつつある」なども近い意味合いの類語と言えるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典