「帰省」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「帰省」

帰省というのは「きせい」と読み、故郷に帰ることを指しています。

お盆や年末年始など、長期休暇の時には一時的に自分の実家に帰るという人もいるのではないでしょうか。

そのようなことを帰省といい、帰省によって渋滞する状態を帰省ラッシュと呼びます。

「帰省」の意味

帰省は一時的に故郷や実家に帰る事を指しています。

省という漢字には親の安否をよく確かめるという意味があり、だからこそ、帰省の本来の意味は故郷に帰って両親が元気にしているかどうか確認するということになります。

ただ単にゆっくりしに実家に帰るという意味ではありません。

また、あくまでも短期間実家に戻るという意味でこの単語が使われます。

さらに、故郷に帰るということを全般に帰郷と呼ぶことがあります。

里帰りというのは結婚している女性が実家に帰ることを指すことが多く、男性が実家に戻るときには里帰りとは言いません。

「帰省」の言葉の使い方

帰省という言葉は多くの人が実家に帰るお盆や年末年始などに使われることが多く、例えば「お墓参りをするために規制をする」「帰省ラッシュで道路がとても混雑している」などといった使い方ができます。

「帰省」を使った例文・短文(解釈)

それならば、実際に帰省という言葉を使った文にはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは例文をいくつか紹介します。

「帰省」の例文1

「年末年始は帰省ラッシュがひどいから、帰省ラッシュから時期をずらして家に帰ろう」

年末年始は特に帰省ラッシュがひどく、高速道路等はとても渋滞しますよね。

12月27日、28日あたりから帰省ラッシュが始まり、1月3日あたりには自分の家に帰る人たちで道路などが混雑します。

また、車を運転して帰省しなかったとしても、新幹線なども帰省ラッシュで混雑してしまいますので、特に子供やお年寄りを連れている場合、時期をずらして家に帰るなどという工夫をした方が良いでしょう。

赤ちゃん連れの家族も注意が必要です。

「帰省」の例文2

「しばらく帰省していなかったから、この夏は実家に帰って母の様子を見てくるよ」

確かにお盆や年末年始には帰省をする人が多いですが、仕事が忙しかったり勉強で忙しかったりしてなかなか家に帰らないという人もいるのではないでしょうか。

男子大学生の場合はわざわざ実家に入らないという人もいるかもしれませんね。

しかし、しばらく実家から離れていたらきっと両親は心配していますよ。

しばらく家に帰ってこなかった子供が家に戻ってくれば、両親はとても喜ぶはずです。

なかなか帰省していなかったというのであれば、少しだけ両親の顔を見に家に帰ってみてはいかがでしょうか。

「帰省」の例文3

「今年の冬は仕事が忙しすぎて帰省できそうにないんだ、だから自宅で新年を迎えるよ」

年末年始は仕事もなくなり、実家に帰省する人が多くなるでしょう。

しかしその一方で正月も関係なく仕事をする人など、仕事が忙しすぎてなかなか家に帰れないということもあるかもしれません。

特に時期的に忙しいということもありますし、みんなが帰省するからといって自分が規制できるわけではないと感じることもあるかもしれませんね。

もちろん、みんなが帰省する時期に家に帰らなければいけないというわけではありません。

仕事が落ち着いた時に帰省してみましょう。

「帰省」の例文4

「親の顔を見に帰省はしたいんだけど、しばらく実家にいると疲れるんだよね」

実家に帰ると、料理や洗濯などをする必要もなく、ゆっくりできると考えている人もいるのではないでしょうか。

特に独身者の場合、実家に帰るとのびのび生活することができて幸せだと感じる人もいるかもしれません。

しかし、結婚して子供が生まれたりすると実家に帰省すれば気を使い、とにかく疲れるという人もいます。

特に自分の配偶者を連れて実家に帰ると、配偶者と自分の両親の関係が気になり、お互いに気を使うためになかなか大変だと感じる人は少なくありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典