スポンサーリンク

「帰社報告」とは?意味や使い方、例文など分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「帰社報告」とは?ビジネス用語
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「帰社報告」の意味を分かりやすく説明していきます。

できるビジネスマンになるための、コツを学んでいきましょう。

スポンサーリンク

「帰社報告」とは?意味

「帰社報告」というのは、上司や同じ部署の人に「出先から戻りました」と伝えること。

会社に戻ってきたことを、ひと言知らせる報告になります。

「ただいま帰りました・ただいま戻りました」の連絡です。

「帰社報告」「帰社(きしゃ)」とは、会社に戻ってくることです。

取引先との商談などが終わって、いったん会社に帰ってくる動作をあらわしています。

つまり「会社に戻ってきたこと」の報告が「帰社報告」です。

似た言葉に「退社報告」がありますが、退社にはその企業を退職するというニュアンスも含まれています。

誤解を与えることのないように、単純に外出先から会社に戻ってきたという内容で使いたい場合は「帰社報告」を選んでおくとスマートです。

「帰社報告」の概要

「帰社報告」とは、おもに営業職で使われている言葉です。

ただ単に「外回りから帰ってきました」と報告するだけではなく、今日の手ごたえはどうだったのかなど、営業活動の進捗状況を伝えるニュアンスも含まれています。

そのため大きな商談がひとつ終わった時は、単なる「帰りました」だけではなく、具体的な内容を伝えることが大切です。

とくに上司から頼まれた大仕事をこなしてきた場合。

上司もその先がどうなったのか、内心知りたいと思っているはずです。

実際に足を運んでみて、営業先との話がどうだったのか…。

いい場合も悪い場合もふくめて、商談の内容を分かりやすく報告していきます。

上司が忙しい場合は口頭ではなくメールなどの文に直して、連絡することもおすすめです。

臨機応変に行動すると、上司といい関係が築けるようになります。

「帰社報告」の言葉の使い方や使われ方

「帰社報告」はこのように用います。

・『出張が終わり本社に戻って、上司に帰社報告をおこなった』
・『在宅勤務だったので、オンラインで帰社報告を済ませた』
・『営業成績が芳しくなかったので、帰社報告が憂うつに感じられた』
帰社報告は「外回りから戻ったこと」を、上司に報告すること。

おもに新人に課せられている、業務内容のひとつです。

感染予防のため、こうした報告をオンラインで済ませる企業も増えています。

「帰社報告」の類語や言いかえ

「帰社報告」と同じような言葉に、次のような単語もあります。

・業務報告
・営業報告
業務報告や営業報告とは、本日の業務内容を上司に報告すること。

このようなテンプレートを営業報告書などと呼んでいます。

いわば「本日の業務の振り返り」を示したものになります。

まとめ

「帰社報告」の意味や使い方をチェックしました。

「帰社報告」とは、外回りから会社に戻ったことを上司に伝えること。

営業担当の場合は本日の手ごたえを上司に報告するという、一歩進んだ意味合いも含まれています。

面倒に思うこともありますが、課題や悩みを上司に相談できる絶好の場です。

前向きに捉えて、ビジネススキルを積み上げていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネス用語
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典