「帰還」と「帰宅」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「帰還」と「帰宅」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「帰還」「帰宅」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「帰還」とは?

「帰還」の意味と使い方について紹介します。

「帰還」の意味

「帰還」「きかん」と読みます。

意味は「戦場や未開の地など、遠方から拠点となる場所や故郷などに戻ってくること」です。

「帰還」の使い方

「帰還」は、戦場や未開の地などの遠方から、拠点となる場所や、自分の故郷などに無事戻ってくることを言います。

行き先が非常に遠く、困難や危険が伴う場所で、使命を帯びて行った人が、無事に戻ってくる時に使われる言葉です。

戻ってくる場所は自分の家とは限らず、基地や本拠地、事務所、またはその人の故郷などがあります。

また、一人に対してだけではなく、チームや団体に対しても使われます。

基本的に「無事に帰還できた」として周囲から暖かく迎えられる時に使われる言葉で、帰省や里帰りとは意味が違います。

「帰宅」とは?

「帰宅」の意味と使い方について紹介します。

「帰宅」の意味

「帰宅」「きたく」と読みます。

意味は、「自分の住んでいる家に戻ること」です。

「帰宅」の使い方

「帰宅」は、単純に自分が住んでいる家に戻ることを言います。

会社や学校、買い物などで外出した人が、用事が終って自分の家に帰ってくる時に使われます。

戻ってくる先は、普段から自分が生活の拠点としている場所や、自分の家になります。

ビジネスでは「帰宅」はカジュアルな表現で「帰宅しました」と言うと、やるべきことがあるのに帰ってしまったというニュアンスになります。

この様な場合には「本日は退社致しました」と言った方が良いでしょう。

「帰還」と「帰宅」の違い!

「帰還」「戦場や未開の地など、遠方から拠点となる場所や故郷などに戻ってくること」です。

「帰宅」「自分の住んでいる家に戻ること」です。

まとめ

今回は「帰還」「帰宅」の違いをお伝えしました。

「帰還は遠方から無事戻ること」「帰宅は家に帰ること」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典