スポンサーリンク

「年の瀬」と「年末」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「年の瀬」と「年末」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「年の瀬」「年末」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「年の瀬」とは?

「年の瀬」「としのせ」と読みます。

意味は「一年の終わりが迫っている時期のこと」です。

明確な日にちは定められていませんが、一般的に12月の中旬以降であり、「一年の終りで世間が慌ただしくなる時期」とされています。

「瀬」「川の瀬」のことで、「川底が浅く流れが速いところ」を表します。

ここから転じて「人が慌ただしく動き回る」という意味で「年の瀬」と使われる様になりました。

「年末」とは?

「年末」「ねんまつ」と読みます。

意味は「一年の終わりの時期のこと」です。

こちらも明確な日にちは定められておらず、12月の中旬頃で「新年の準備を始める時期」とされています。

「年末」は、世間の様子などには関係なく、単なる「一年の終り」という意味で使われます。

また、ビジネス用語では期日を表す言葉としても使われます。

「年末までに支払う」という場合、支払期限が12月31日であるという意味です。

「年の瀬」と「年末」の違い!

「年の瀬」「一年の終わりが迫っている時期のこと」です。

「年末」「一年の終わりの時期のこと」です。

まとめ

今回は「年の瀬」「年末」の違いをお伝えしました。

「年の瀬は一年の終わりの慌ただしい時期」「年末は一年の終りの時期」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典