「年月」と「一年」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「年月」と「一年」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「年月」「一年」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「年月」とは?

「年月(ねんげつ・としつき)」とは、「年と月・歳月や期間・日にち」のことを意味している言葉です。

「年月」という表現には、「ある程度長い期間・具体的に定義されないある程度の長さがある歳月」といった意味のニュアンスがあります。

「年月」「としつき」と読む場合には、「年月の悲願を果たしました」のように、「年来・長いあいだ」を意味する副詞の用法もあります。

「一年」とは?

「一年(いちねん・ひととせ)」とは、「1月1日から12月31日まで・12ヶ月間」を意味している言葉です。

例えば、「一年のあいだ、職人として修行をしていました」などの例文で使用できます。

「一年」という表現には「最初の年・はじめの年」の意味もあり、「彼女は一年目の新人です」といった文章で使えます。

また「一年」には「子供は一年生になったばかりです」のように、「学校などにおける第一学年」という意味合いもあります。

「一年」「ひととせ」と読む場合には、「ある時・以前」という意味で使われることもあります。

「年月」と「一年」の違い!

「年月」「一年」の違いを、分かりやすく解説します。

「年月」「一年」「一定以上の長い期間」を意味している言葉として似ていますが、「年月」という言葉は「期間が特定されないある程度の長い歳月・期間」のことを意味しています。

「年月」に対して「一年」のほうは、「1月1日から12月31日までの12ヶ月間という特定の長い期間」を意味しているという明確な違いがあります。

また「一年」という表現には、「入社して一年目の出来事でした」のように「最初の年・はじめの年」という意味合いがありますが、「年月」にはその意味はありません。

「一年」には「年月」にはない、「長女は一年生になったばかりです」のように「学校などにおける第一学年」の意味もあります。

まとめ

「年月」「一年」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「年月」とは「年と月・歳月・日にち」「ある程度長い期間」を意味していて、「一年」「1月1日から12月31日まで・12ヶ月間」「最初の年」「学校などの第一学年」を意味している違いがあります。

「年月」「一年」の違いを詳しく調べたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典