スポンサーリンク

「幼児」と「園児」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「幼児」と「園児」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは。

本日は「幼児」「園児」の違いとは?分かりやすく解釈しやすいように解説していきたいと思いますので、是非とも参考にしてみてください。

特にお子さんをお持ちの方は必見です。

スポンサーリンク

「幼児」とは?

ここでは「幼児」という意味を解説します。

「幼児」という意味は、基本的に生まれてから小学1年生になるまでのお子さんをいいます。

年齢的には0歳~6歳頃までの小学生に入る前の子供事です。

きちんと法律でも定められておりますので、明確な基準があり非常に分かりやすいともいえます。

「園児」とは?

次は「園児」という意味を解説したいと思います。

「園児」とは、基本的に保育園や幼稚園に通う幼い子供のことをいいます。

これらの幼い子供の事を、「保育園児」「幼稚園児」と言うのです。

年齢的な部分では「幼児」と一緒で、0歳~6歳頃までの子供のことを言います。

「幼児」と「園児」の違いとは?

さてここでは本題である「幼児」「園児」の違いについて解説していきたいと思います。

特にお子様をお持ちの保護者の皆様には是非とも見て頂きたいと思います。

「幼児」

「幼児」とは基本的に0歳~6歳の子供であり、これは保育園や幼稚園に通園「していない」子供の事を言います。

「園児」

「園児」とは「幼児」とは同じ年代の子供指します。

しかしながら、「幼児」との違いとしては、保育園や幼稚園に通園「している」子供の事を指します。

明確な違いは「通園」がカギ

要するに「幼児」とは保育園や幼稚園に通っていない子供の事です。

次に「園児」とは保育園や幼稚園に通園している子供の事を言います。

「幼児」と「園児」の例文として

ここでは「幼児」「園児」を使った例文を書いていきますので、是非とも参考にしてください。

「幼児」の例文として

・『彼は幼児の時から大切に育てられたんだ』

・『幼児の頃の思い出を懐かしく思う』

・『幼児の無邪気な表情が可愛い』

・『幼児の頃の教育は非常に大切だ』

・『幼児というのは6歳までの子供の事を言う』

「園児」の例文として

・『今日から保育園児となった』

・『幼稚園児になってから毎日が楽しそうだ』

・『園児たちと一緒に食事をした』

・『園児が可愛くて仕方がない』

・『彼女は今日から当幼稚園の園児となった』

まとめ

最後に「幼児」「園児」の違いとは?分かりやすく解釈しやすいように解説のまとめ。

まとめとして基本的に「幼児」「園児」というのは0歳~6歳までの子供を指すという事です。

そして、「幼児」というのは、何等かの事情や体調等によって保育園や幼稚園に通園していない子供が「幼児」です。

「園児」というのはその逆で同年代、すなわち保育園や幼稚園に通園している子供が「園児」という事になります。

したがって通園しているかいないかというのが、明確な違いとご理解いただけると非常に分かりやすいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典