スポンサーリンク

「広告」と「PR」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「広告」と「PR」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「広告」「PR」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「広告」とは?

「広告」は、宣伝媒体を新聞の折り込みチラシやテレビの他雑誌にインターネットを媒体に商品やサービスを宣伝する目的で打ち出す告知法です。

つまり、メディアを使って宣伝する方法になるため、宣伝費用を支払い宣伝を行うのが「広告」です。

つまり有料の宣伝媒体であるものを「広告」と呼び、「広告」は物やサービスなどビジネスに発展する物を宣伝するためのみに活用します。

「PR」とは?

「PR」は、単に宣伝活動を行う際、企業側が作り出した宣伝広告です。

しかも、無料で自社の宣伝を行うことが「PR」であるため、メディアに対して支払うべく報酬がないのが特徴です。

ただし、「PR」の宣伝活動のために第3者に商品のアピールをお願いした場合、「PR」の委託費用が発生します。

ですが、「PR」はビジネスに発展しないものを宣伝することも可能なので無償で宣伝を行う点においてはかなり有効な手段です。

「広告」と「PR」の違い

「広告」「PR」の違いは、宣伝するサービスや物を有料で宣伝するかどうかと、別にビジネスに関わるものを宣伝するかしないかです。

「広告」はビジネスが絡み、お金や人員を確保するなどのビジネス目的で有料のメディアを使用することですが、「PR」はその企業の良さを知ってもらうなどの他、こんな面白いことができるなど全くビジネスに関係ないことを配信してもよいため、「広告」「PR」の違いは、お金の絡み方が違います。

「広告」の例文

・『新聞広告にはサプリメントばかりが記載されている』

この例は、新聞の企業の商品紹介欄には、サプリメント関係のお金に関わるような物ばかりだとした例です。

「広告」はお金が絡んだうえで企業の商品やサービスなどをメディを通して伝えることであるため、この場合、「広告」はお金が絡み商品を紹介している物になります。

「PR」の例文

・『当社と他社との仲の良さをPRしよう』

この例は、直接ビジネスには関係ないが、他社と自社のつながりを宣伝することで何かを得ようとした例です。

「PR」はお金が絡んだり、ビジネスに発展しないことをあえて宣伝することにあり、一見意味が無い様に見えますが、思わぬ反響があればコレボ商品を作ったり一緒にお仕事をするケースも考えられるため、実は企業間の中の良さを「PR」と称してアピールすることは意味があることになります。

まとめ

「広告」「PR」の違いは、お金のかけ方が違う点、そしてビジネスに発展する点が異なります。

「PR」は実はビジネスに発展させる必要性はなく、単なる悪ふざけで企業を目立たせることも可能です。

ですが、「広告」となりますと、自社の製品の売り上げに作用しますのでお金が絡み、その上でビジネスに発展していき、「広告」次第で次回の商品の開発に影響しますので「広告」の方が企業は命がけで制作に当たります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典