スポンサーリンク

「広場」と「公園」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「広場」と「公園」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「広場」「公園」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「広場」とは?

屋外で広く開けている場所のことを「広場」と言います。

「広場」という漢字の通り「広い場所」のことです。

主に歩行者が休息をしたり、レクリエーションなどを行う際に使われる公共の場所のことです。

また、「駅前広場」のように駅前にあることも多いようです。

十分な空間が確保されていて役割が果たされている必要があります。

「広場」には、広い場所という意味だけでなく「フォーラム」という意味も含まれており、人が集まる場所、話し合いをする場所」という意味もあるようです。

「広場」の使い方

「広場」は主に散策をしたり、家族や知り合いとコミュニケーションをとることを目的として集まったり、待ち合わせの場所として使われることも多いようです。

広く開けている場所であれば、街中に限らず海や森の近くなども「広場」と言います。

また、災害時の避難場所として集合住宅などの周辺に「広場」が用意されている場合もあり、さまざまな目的を持って使用することができます。

「公園」とは?

遊びを楽しむためや憩いの場所として、ブランコや鉄棒、ジャングルジム等の遊具や噴水などを設置するなど、人が手をかけて整備した場所のことを「公園」と言います。

主に組織や市町村などが運営している場合が多いようです。

「公園」は大きく2つに分けて分類されています。

遊具を設置し、子供が安全に遊べるよう整備されている「都市公園」と、元々あった自然状態の維持をすることを優先し、植物や景観を楽しんでもらうための「自然公園」があります。

「公園」の使い方

「公園」は主に子供がブランコや鉄棒、ジャングルジムなどの遊具で遊んだりスポーツを行ったりする場所として使われていたり、お年寄りの方々が地域の人々とふれ合う場所として使われています。

主に、人が手をかけて整備されている場所を「公園」と言いますが、自然状態の保護を優先することを目的としていて、人が手をかけていない「自然公園」もあります。

「広場」と「公園」の違い

「広場」「公園」の大きな違いは、その場所が整備されているかどうかです。

「広場」は単純にただ広く開けている場所のことを言い、「公園」は人が手をかけて整備した場所のことを言います。

ただ、人が手をかけていない自然状態の維持を優先した「自然公園」などの例外もあります。

自治体や地域によって独自の基準により使い分けられている場合もありますので、注意する必要があります。

まとめ

「広場」「公園」は似たような時に使われることが多いので、同じものだと思っている人が多いかもしれません。

「広場」は広く開けている場所のことで、「公園」は整備されている場所のようにしっかりとした基準が設けられています。

しっかりと意味や使い方の違いを理解し、それぞれの目的に合わせて使い分ける必要があります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典