スポンサーリンク

「店舗」と「事務所」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
スポンサーリンク
「店舗」と「事務所」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「店舗」「事務所」の違いを分かりやすく説明していきます。

スポンサーリンク

「店舗」とは?

「店舗(てんぽ)」とは、「顧客に来店してもらって、商品・飲食物・サービスを販売するための建物」を意味しています。

「店舗」というのは、「顧客に商品・サービスを買ってもらう小売業(物販)・サービス業・飲食業などを営むための物理的な施設・建物」のことを意味する言葉なのです。

「店舗」の使い方

「店舗」という言葉は、「顧客を相手にした物販・飲食業・サービス業などを行うための物理的拠点となる建物・施設」を意味して使う使い方になります。

一般的に「お店」と呼ばれている小売店(コンビニ・スーパー)や飲食店、書店、レンタルビデオ店などはすべて、「店舗」という言葉で表現することが可能です。

例えば、「飲食店の店舗は、常にクリンネスを心がけて清潔にしておかないとお客が離れやすくなります」といった例文で使うことができます。

「事務所」とは?

「事務所(じむしょ)」とは、「書類作成(パソコン作業)・電話応対・総務・人事・法務などの事務作業を行うための施設・建物」を意味しています。

「事務所」というのは、「顧客を相手にした商売(物販・飲食業・サービス業など)をする施設ではなく、会社経営(ビジネス)を行うために必要なオフィスワーク全般(事務作業全般)を行うための建物」を意味している用語です。

「事務所」の使い方

「事務所」の経営用語は、「会社の経営や事業(ビジネス)に必要となるオフィスワーク(事務作業全般)をするための物理的な施設・建物」の意味で使うという使い方になります。

例えば、「個人事業から始めたスモールビジネスが、人を雇ってオフィスビルの事務所を借りられるまでに大きく成長しました」といった文章で使われています。

「店舗」と「事務所」の違い!

「店舗」「事務所」の違いを、分かりやすく解説します。

「店舗」「事務所」はどちらも「ビジネスを行うために必要となる建物」ですが、「店舗」「商品・飲食・サービスの需要がある顧客(お客さん)が訪れる施設」を意味しています。

「店舗」に対して「事務所」というのは、「顧客(お客さん)が訪れて商品を買ったり飲食をしたりする施設ではない」という大きな違いがまずあります。

「事務所」というのは、お客さんが来店して買い物・飲食をする「店舗」ではなく、「会社の経営や事業維持のために必要となる事務作業全般(伝票処理・総務・経理・人事・労務・法務など)を行うための建物・施設(部屋)」を意味している違いを指摘することができます。

まとめ

「店舗」「事務所」の違いを説明しましたが、いかがだったでしょうか?

「店舗」とは「顧客を相手にする小売業・飲食業・サービス業を行うための、物理的な拠点となる建物」を意味していますが、「事務所」のほうは「顧客を相手に商売する施設ではなく、経営・事業に必要なオフィスワーク・事務仕事をするための施設」を意味している違いが挙げられます。

「店舗」「事務所」の違いを詳しく知りたい時は、この記事をチェックしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
スポンサーリンク
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
スポンサーリンク
意味解説辞典