「建設的」とは?意味や使い方を解説

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「建設的」とは?

「建設的」という言葉を、仕事の会議の場などで聞く事があるかもしれません。

あるいは「建設的」である事を、仕事に対するテーマにしている人もいるかもしれません。

「建設的」「けんせつてき」と読み、「建設的な意見」などというフレーズで使われる事が多いでしょう。

しかし何となくニュアンスは分かるものの、詳しい意味までは分からない人もいるでしょう。

そこで、「建設的」という言葉の意味や使い方を紹介します。

会議などで飛び交う「建設的」という言葉にどのような意味が含まれているのかが、見えてくるかもしれません。

「建設的」の意味

「建設的」には、「現状を良くしようと、積極的な姿勢で臨む様子」または、「物事の良い点を積極的に認めて、さらに良くしようとする様子」という意味があります。

前向きで積極的、要所に注目した言動を、「建設的」と呼びます。

反対の意味の言葉に「破壊的」という言葉がありますが、「建設的」「破壊的」を並べると、「建設的」の意味がより理解できるのではないでしょうか。

例えば小さな家を見た時に、その家の良さを認めて、より良い家にリフォームしようとする姿を「建設的」と呼びます。

「建設的」の言葉の使い方

「建設的」という言葉には、現状を良くしようと積極的な姿勢を取る様子という意味があります。

特に会議の席や、話し合いの席で使われる事が多い言葉です。

先ほど「破壊的」という言葉が登場しましたが、このような意見ばかり言うがいる会議は、まともに話し合いが進みません。

そのような時に前向きな意見を出すよう、「建設的」という言葉を使って促す事ができます。

物事を決めたり、何かを作り上げる必要がある仕事をしている人にとって、「建設的」である事は欠かせない素養です。

自分が「破壊的」な態度を取らないよう、戒めの言葉として「建設的」という言葉を使う事もできます。

「建設的」を使った例文

「建設的」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「建設的」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

「建設的」の例文1

「今回の会議では『建設的』な話し合いを期待する」

会議の席で後ろ向きな発言ばかり続いたら、話し合いの意味がなくなります。

何かを生み出すための話し合いでは、この例文のように「建設的」な話し合いが不可欠です。

そのため話し合いが始まる前に、議長や責任者がこの例文のような挨拶をして、参加者の気持を同じ方向に向ける必要があるかもしれません。

「建設的」という言葉がきっかけになり、いつもよりも前向きな議論が始まる可能性があります。

「建設的」の例文2

「Aさんの提案は『建設的』なものが多いので、とても助かる」

新商品の開発などで提案を募集する時に、暗い意見や破壊的な意見ばかり出されても困ります。

このような時に、例文に登場するAさんのような人がいると、商品開発が一歩進みます。

日頃からAさんのように「建設的」な提案ができる人を褒めるようにすると、それを見ている人たちも「建設的」な意見を出すようになるかもしれません。

より良い商品が開発できるようになるかもしれません。

「建設的」の例文3

「会議は退屈なものだが、今回は『建設的』な話し合いがもたれたので有意義だと感じた」

会議の時間は無駄に終わってしまう事もありますが、議題の良い点を認めてより良くしようと積極的な意見が飛び交うような会議もあります。

例文に登場するような「建設的」な話し合いがもたれる場合は、会議に参加した甲斐があると思えるのではないでしょうか。

また「建設的な話し合い」「建設的な意見」と同じように定型句のように使われる言葉ですので覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典