「当初」と「当時」の違いとは?分かりやすく解釈

スポンサーリンク
「当初」と「当時」の違い違い
スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事では、「当初」「当時」の違いを分かりやすく説明していきます。

「当初」とは?

「当初」の意味と使い方について紹介します。

「当初」の意味

「当初」「とうしょ」と読みます。

意味は「そのことのはじめの時期」になります。

「当初」の使い方

「当初」は、あるものごとははじまった時点のことを言います あるものごとが起きた時や、動きはじめた時など、「はじめの限定的な時期」を表す言葉です。

はじまりとなるものごとがあって成り立つ言葉であり、単に過去を振り返って使うことはできません。

「当初の予定では」は、「そのものごとがはじまった時点での予定では」という意味になります。

過去のことを振り返って言う時に使われる言葉で、現在や未来につながり第一歩を表します。

「当時」とは?

「当時」の意味と使い方について紹介します。

「当時」の意味

「当時」「とうじ」と読みます。

意味は「過去のある時点や時期」「現在」になります。

「当時」の使い方

「当時」は、過去の限定されたある時点や時期のことを言います。

そのものごとが存在していた様子や状況などを振り返る時に使います。

辞書には「現在」「今日」という意味がありますが、こちらは昔の文章に使われる言葉であり、現在の日常では使われません。

「あの時」「昔は」という意味で、基本的に自分が体験したことについて触れる時に使うのですが、知識として人に伝える時に「当時の文化は」などと歴史的な内容について使われることもあります。

「当初」「はじめの時点」ですが、「当時」「ある時点」であり、どの時点になるのかは話の内容次第になります。

「当初」と「当時」の違い!

「当初」「ものごとのはじめの時点」です。

「当時」「過去のある時点や時期」です。

まとめ

今回は「当初」「当時」の違いをお伝えしました。

「当初ははじまりの時点」「当時は過去のある時点」と覚えておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
違い
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典