「形貌」の意味とは!類語や言い換え

スポンサーリンク
意味と使い方
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「形貌」とは?

「形貌」という表現は、「見た目の姿かたち・顔かたち・容姿や容貌・ビジュアル」を意味しています。

「形貌」というのは「視覚(目)で知覚して認識することのできる外見(ビジュアル)の総称」を意味する表現であり、具体的には「顔かたち・スタイル・容姿・見た目」といったことを意味しているのです。

「形貌」の読み方

「形貌」の読み方は、「けいぼう」になります。

「形貌」の別の読み方として、「なりかたち」があります。

「形貌」の表現の使い方

「形貌」の表現の使い方は、「視覚(目)で知覚することができる見た目・外見・容姿・顔かたち・スタイル」などを指示して使うという使い方になります。

例えば、「彼女は抜群に整った綺麗な形貌でちやほやされていたので、いつも自惚れていました」といった文章で使用することができます。

「形貌」を使った例文と意味を解釈

「形貌」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

「形貌」を使った例文1

「形貌を磨いて魅力を高めることも時に必要ですが、それだけではなく人格や中身も磨いていきましょう」

この「形貌」を使った例文は、「外形的な見た目(ビジュアル)を磨いて魅力を高めることも時に必要だが、それだけではなく人格や中身も磨いていこう」を意味しています。

「形貌」を使った例文2

「現代では人に好まれる美しい形貌を持っていることの価値は、人生全体で数千万円以上の金銭価値に還元できるとも言われています」

この「形貌」を使った例文は、「現代では人に好まれる美しい顔かたち(姿かたち)を持っていることの価値は、人生全体で数千万円以上の金銭価値に還元できるとも言われている」を意味しています。

「形貌」の類語や類義語・言い換え

「形貌」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

「見た目・ビジュアル」【みため・ビジュアル】

「形貌」の類義語・言い換えとして、「見た目・ビジュアル」があります。

「形貌」という表現は、「視覚で認識するビジュアルや外見(見た目)」のことを意味しています。

その意味合いから、「形貌」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「見た目・ビジュアル」を指摘することができるのです。

「容姿・スタイル・顔貌」【ようし・スタイル・がんぼう】

「形貌」の類語・言い換えには、「容姿・スタイル・顔貌」があります。

「形貌」という表現は、「外見として確認することができる容姿(姿かたち)やスタイル(全体像)、顔つき(顔貌)」を意味しています。

その意味から、「形貌」という表現は「容姿・スタイル・顔貌」という表現で言い換えることが可能なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
意味と使い方
この言葉の解説が役に立ったなら、知識はみんなで共有しましょう。
意味解説辞典の編集部をフォローする
意味解説辞典